admin≫

第八十八番札所 医王山 大窪寺 

医王山 大窪寺(いおうざん おおくぼじ)
●本尊/薬師如来
●真言/おん ころころ せんだり まとうぎ そわか



88大窪寺-新山門25
●宗派/真言宗大覚寺派 ●開基/行基
香川県さぬき市多和兼割96
八十七番札所から約17km 徒歩約4時間
駐車場50台(無料)境内まで徒歩2分

遍路の締めくくりの「結願寺(けちがんじ)」
深山の木々に包まれた境内は、春は桜、初夏には藤
秋には紅葉、冬は雪景色と四季折々に美しい。
が、冬には道路が凍結することもあるので注意が必要。
(1月に行った時の手水場。水がそのままの形で凍っていた。)
fudasyo-88-kori.jpg

養老元年(717)に行基が堂を建立したのが始まりとされる。
その後、弘法大師が薬師如来を刻んで本尊とした。
88大窪寺-大師像25
ふつう薬師如来は左手に薬壺を持つが、この寺の薬師如来は
薬壺のかわりに法螺貝をもった珍しいもので、その法螺貝で
すべての厄難諸病を吹き払うという。(秘仏になっている)
88大窪寺-本堂25
この時大師は、唐の恵果和尚から授かった、三国(インド・唐・日本)
伝来の錫杖も納めている。(寺宝とされており、拝観はできない。)
88大窪寺-大師堂25
古くから多くの信仰を集め、僧坊も100を超えるほどだったという。
また、早くから女性の入山を許したので「女人高野」とも呼ばれ
栄えていたが、天正の兵火で堂宇は炎上。経典や仏像もほとんどが
焼失したが本尊は無事だったという。
88大窪寺-大師堂26
その後、高松藩主が再興したが、明治33年の火災で堂塔を焼失。
二天門を除く建物はその後再建されたもの。
88大窪寺-古山門25


noukyou-88.jpg

八十八番札所の納経

☆一口メモ/奉納金剛杖
88大窪寺-杖25
境内には、結願したお遍路さんが奉納した金剛杖や菅笠が
大量に置かれている。
これは八十八の札所を無事巡り終えた証でもある。
この奉納品は、毎年春分の日と8月20日に催される柴灯護摩供で、
山伏修験者によって炊き上げられる。

結願証明書
fudasyo-88-ketigan-nnn.jpg
納経書で申し込めば結願証明書を発行してくれる。(2000円)
四国八十八ヵ所を巡り終わった記念にぜひどうぞ・・・
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました