admin≫

第八十五番札所 五剣山 八栗寺 

五剣山 八栗寺(ごけんざん やくりじ)
●本尊/聖観世音菩薩
●真言/おん あろりきや そわか


85八栗寺-山門25
●宗派/真言宗大覚寺派 ●開基/弘法大師
香川県高松市牟礼町牟礼3416
八十四番札所から約7km 徒歩約2時間
駐車場400台(無料)ケーブル登山口前
(八栗ケーブル/大人往復900円・片道4分)

可愛い流線型のケーブルカー4分で山上駅に着く。
(遍路道を登ると約30分かかる)
85八栗寺-2ケーブル26
八栗寺本坊の前を左に行くと細長い境内が開かれ
多宝塔、大師堂、本堂、聖天堂等の堂塔が並ぶ。
85八栗寺-本堂26
本堂背後のゴツゴツした山が五剣山。
かつて五剣山は文字通り尖った五つの峰からなっていたが、
宝永4年(1707)の大地震で東の峰が中腹から崩れ落ち、
現在は四つの峰からなる。
85八栗寺-山25
八栗寺は弘法大師の開基とされる。寺伝によると、青年時代、
この地を訪れた大師が求聞持法を修した時、天から五本の剣が
降ってくるとともに蔵王権現のご神託があったという。大師は
五剣を岩穴に埋め、蔵王権現像を刻んで山の鎮護としたので、
五剣山という山号がついたという。
85八栗寺-大師堂26
延暦23年(804)、大師が入唐前にこの山に登り、仏殿を造営した。
同時に、千手観音像を刻んで安置し、八つの栗を土中に埋めて
旅の無事を祈願した。
85八栗寺-大師像25
帰国後、八つの栗が無事に成長していたことから、寺名を
八栗寺と改めたと伝えられる。
85八栗寺-鳥居25
山岳修験の場として栄えたが、天正の兵火により焼失。
文禄年間(1592~1599)に無辺上人が再建。弘法大師作の
千手観音像を聖観自在菩薩像に替えて安置した。
85八栗寺-地蔵26
江戸時代には藩主松平家が諸堂を再建し、松平家の祈願寺とした。
そのため、屋根には葵の紋が入っている。

noukyou-85.jpg

八十五番札所の納経

☆一口メモ/聖天堂
85八栗寺-歓喜天26
「八栗の聖天さん」とも呼ばれ、
札所でも珍しい歓喜天霊場としても知られている。
本尊は象頭人身の男女の神が抱き合った姿をしていて
高さ15cmの黄金の像で50年に一度しか開帳しない秘仏。
商売繁盛、夫婦円満にご利益があるといわれている。

多宝塔
85八栗寺-多宝塔26
昭和59年に建立された総檜造の多宝塔。
内部には金剛界大日如来が安置されている。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました