admin≫

第八十番札所 白牛山 国分寺  

白牛山 国分寺(はくぎゅうざん こくぶんじ)
●本尊/十一面観世音菩薩
●真言/おん ばさら たらま きりく


80国分寺-山門26
●宗派/真言宗御室派 ●開基/行基
香川県高松市国分寺町国分2065
七十九番札所から約7km 徒歩約2時間
駐車場20台(無料)山門前

天平13年(741)に聖武天皇の勅願により全国に建立された
国分寺の一つで、讃岐の国分寺の完成は天平勝宝8年(756)
以前とされる。本尊の十一面観世音菩薩は行基作と伝えられる。
80国分寺-本堂26
弘仁年間(810~824)に弘法大師が本尊を修復し、堂塔を増築し
札所に定めたといわれる。
80国分寺-大師堂26
今も境内に残る金堂や塔跡の巨大な礎石からも、その当時の
大伽藍の規模がうかがえる。
80国分寺-弘法大師26
その後、天正年間に兵火にかかり、本堂と鐘楼を残して伽藍を焼失。
慶長年間に、讃岐国守によって再建。
鎌倉時代に再建された入母屋造りの大きな本堂と、60年に一度
開帳されるケヤキの一本造りの本尊、奈良時代に鋳造された梵鐘が、
国の重要文化財に指定されている。
80国分寺-弁天26
参道両端には四国霊場八十八ヵ所の本尊の石仏が並び、境内には
縁結社や地蔵堂、閻魔堂等のさまざまなお堂や社が点在している。
80国分寺-縁結び26
また境内には、たくさんの松が植えられており、
見事な枝ぶりで、お遍路さんの心をなごませてくれる。
80国分寺-松26


noukyou-80.jpg

八十番札所の納経

★一口メモ/金堂跡礎石        
80国分寺-礎石26
本堂前に点在する、旧金堂の跡。
33個がほぼ原位置で残っている。これをもとに建物を復元すると、
東西28m南北14mもの建物になるという。
また、塔跡の礎石は15個あり、これから高さ28m一辺10mの
七重の塔が復元できるという。どちらも国指定史跡となっている。

梵 鐘
fudasyo-80-kane-nnn.jpg
創建当時に鋳造された銅鐘は四国最古級といわれ
国の重要文化財に指定されている。
百々渕にいた大蛇がかぶっていたものを、弓の名人が退治し、
寺に寄進したという伝説。
また、生駒一正が高松城に持ち帰ったが、鐘は鳴らず、
悪病が流行。毎夜、鐘が夢に現れ、「いぬ(帰る)、いぬ」と
言うので、慌てて返したという伝説も残っている。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました