admin≫

第七十七番札所 桑多山 道隆寺 

桑多山 道隆寺(そうたざん どうりゅうじ)
●本尊/薬師如来
●真言/おん ころころ せんだり まとうぎ そわか


77道隆寺-山門26
●宗派/真言宗醍醐派 ●開基/和気道隆
香川県仲多度郡多度津町北鴨1-3-30
七十六番札所から約4.5km 徒歩約1時間
駐車場30台(無料)山門前

縁起では天平勝宝年間(749~757)に、この地の豪族・和気道隆が
自分の荘園内に建てたといわれる。
77道隆寺-本堂26
この一帯は桑畑であったという。
その桑畑に5m四方にも繁る桑の大木があり、夜ごと怪しい光を
放っていた。
道隆が光に向かって矢を射ると乳母に当たって亡くなってしまう。
供養のために、その桑の木で薬師如来を刻み堂を建て安置。
それがこの寺の始まりとされる。
77道隆寺-開祖25
その後、道隆の子孫の朝祐(ちょうゆう)法師が七堂伽藍を建て、
寺号を道隆寺としたという。
77道隆寺-多宝塔26
朝祐は、弘法大師から受戒したといわれており、大師自ら
薬師如来像を刻み、道隆の彫った薬師如来を胎内に納め本尊とし、
札所に定めたという。この本尊は、「腹ごもり薬師」「二体薬師」
とも呼ばれ、50年に一度開帳される。
77道隆寺-稲荷26
かつては広大な寺域を誇ったというが、幾多の戦禍に遭い、
現在の堂宇は江戸時代に再建されたもの。
仁王門も仁王像も四国霊場で最大級といわれている。
77道隆寺-大師堂26
大師堂は、寛永7年(1630)の建立とされ、大師堂の前には
遍路の始祖といわれる衛門三郎が大師の前にひざまずき、
自分の悪行を悔い改めている像がある。
77道隆寺-大師像26


noukyou-77.jpg

七十七番札所の納経

☆一口メモ/潜徳院殿堂
77道隆寺-目26
左手奥にある潜徳院殿堂御廟は、眼病の名医だった
御典医・京極左馬造の廟所で、左馬造は盲目だったが
薬師如来の霊験で視力を回復し、御典医として活躍したという。
堂内には年の数だけ「め」の文字を書き込んだ、
眼病平癒の祈願札が、びっしり奉納されている。

愚痴聞き地蔵
77道隆寺-地蔵26
愚痴を聞いてくれる可愛いお地蔵さん。
片方の手は耳に、もう一方の手は讃岐らしくうどんを持っている。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました