admin≫

第七十六番札所 鶏足山 金倉寺 

鶏足山 金倉寺(けいそくざん こんぞうじ)
●本尊/薬師如来
●真言/おん ころころ せんだり まとうぎ そわか


fudasyo-76-sanmon-n.jpg
●宗派/天台寺門宗 ●開基/和気道善
香川県善通寺市金蔵寺町1160
七十五番札所から約4km 徒歩約1時間
駐車場50台(200円)境内入り口

園城寺を本山とする天台寺門宗の別格本山。
76金倉寺-本堂25
天台(延暦寺)5代座主で、天台寺門宗の開祖である
智証大師(ちしょうだいし)の誕生地として知られる。
(智証大師は弘法大師の甥にあたる)
76金倉寺-大師堂26
宝亀5年(774)に、智証大師の祖父で、この地の豪族
和気道善(わけのどうぜん)が建立。当初は道善寺と証していた。
その後、唐から帰ってきた智証大師が、先祖の菩提を弔うため
唐の青龍寺を模して伽藍を造営し、薬師如来を刻んで安置。
76金倉寺-観音堂26
延長6年(928)醍醐天皇の勅命により金倉寺と改名したという。
本尊の薬師如来は秘仏だが、正月三が日のみ開帳される。
この寺も、度重なる兵火により焼失し、現在の本堂は
昭和に入ってから改築されたもの。
76金倉寺-玉25
本堂には所願成就の巨大な「願供養念珠」があり、参拝者が
大きな数珠を引くと、数珠が回り、上に上がった数珠が落下する。
その時に下方の数珠に当たって「パチ、パチ」と音がはじける。
また境内のあちこちに可愛らしい七福神の姿も見られる。
明治の後期には乃木希典(のぎまれすけ)がこの寺で寓居した。
今でも寺には乃木将軍愛用の品々が残されている。
76金倉寺-松25
境内には「乃木希典妻返しの松」がある。
乃木が当地に赴任した年の暮れに、静子夫人が訪ねて来たが、
乃木は自ら妻と会うことを許さず、帰郷を命じたという。
夫人が思案にくれて佇んでいたところにあった松がこの松。
現在の松は二代目という。

noukyou-76.jpg

七十六番札所の納経

☆一口メモ/訶梨帝堂(かりていどう)
76金倉寺-鬼子母神26
本堂のすぐ横にあり訶梨帝母尊を祀っている。
訶梨帝母尊(かりていもそん)とは鬼子母神のこと。
智証大師が5歳の時、訶梨帝母尊が現れ、
「仏門に入るなら、ずっと護ってやる」と伝えたという。

讃岐の五大師
76金倉寺-額26
大師の称号を得るということは僧にとって最高の名誉。
大師堂にはその中の二人の像が安置されている。
(智証大師と弘法大師)
他の三人は、道興、法光、理源の各大師を言う。        
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました