admin≫

第六十九番札所 七宝山 観音寺 

七宝山 観音寺(しっぽうざん かんのんじ)
●本尊/聖観世音菩薩
●真言/おん あろりきゃ そわか

69観音寺-山門25
●宗派/真言宗大覚寺派 ●開基/日証上人
●香川県観音寺市八幡町1-2-7
六十八番札所隣(納経所は同じところ)

神恵院と同じくこの寺も、日証上人によって琴弾八幡宮の
神宮寺として建立された。
68神恵院-仁王26
寺伝によると日証上人が八幡大菩薩を祀った際、その神船は
神功皇后ゆかりのものなので、皇后の像もあわせて祀ったという。
大同年間(806~810)には、唐から帰国した弘法大師がここを訪れ、
そのまま第七代住職になっている。
69観音寺-五菩薩25
大師は神功皇后は観世音の生まれ変わりとして
聖観世音菩薩像を刻みこれを本尊として安置し霊場と定めた。
そして寺号も観音寺と改め七つの宝を埋めたという。
七宝山の山号はこれに由来する。
69観音寺-本堂26
緑あふれる背景に朱塗りの柱が鮮やかな金堂とも呼ばれる本堂は、
簡素だが雅な雰囲気を醸し出す。国の重要文化財にも指定。
69観音寺-大師堂26
大師はこの寺を興福寺にならって伽藍を建立したという。
中本堂に聖観世音菩薩、西金堂に薬師如来、東金堂に
弥勒菩薩を安置していた。
69観音寺-旧本堂25
明治時代の神仏分離令により西金堂は神恵院の本堂に
なったが、2002年に神恵院の本堂の新築により現在は
薬師堂となっている。



noukyou-69.jpg

六十九番札所の納経

☆一口メモ/銭形砂絵
fudasyo-69-zenigata-nnn.jpg
琴弾公園の頂上から見下ろすと、砂浜に描かれた東西122m、
南北97mの巨大「寛永通宝」が見える。
寛永10年、藩主を歓迎するために領民が一夜で彫り上げたと
伝えられている。
銭形を見た人は長生きし、お金にも不自由しないとか・・・
(何度も見てるけどな~?!)
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました