admin≫

第六十五番札所 由霊山 三角寺 

由霊山 三角寺(ゆれいざん さんかくじ)
●本尊/十一面観世音菩薩
●真言/おん まか きゃろにきゃ そわか


65三角寺-山門26
●宗派/高野山真言宗 ●開基/行基
愛媛県四国中央市金田町三角寺甲75
六十四番札所から約45km 徒歩約13時間
駐車場30台(200円)門前

伊予の国最後の札所。標高450mの三角山の中腹にあり、
緑に囲まれたなんとも素晴しい風情を醸し出す寺だ。
65三角寺-鐘楼26
73段の石段を上りきったところに鐘楼門がある。
参拝者は、この鐘を撞いてから境内に入る。
65三角寺-2本堂26
天平年間(729~749)に聖武天皇の勅願により、行基が開基。
65三角寺-大師堂25
その後、弘法大師が、弘仁6年(815)本尊の十一面観世音菩薩を
刻み安置した。同時に不動明王も刻み、護摩壇をつくり降伏護摩
の法を修められたという。
65三角寺-地蔵26
後に嵯峨天皇が寺領三百町歩を下賜し、寺運は大いに栄えた。
が、天正年間の兵火のために堂宇を焼失。現在の建造物は
嘉永2年(1849)に再建されたもの。
65三角寺-薬師堂25
本尊の十一面観世音菩薩は、安産・子育て・厄除けの仏様なので、
多くの子受け祈願の女性が訪れる。その祈願方法がおもしろい。
まず「しゃもじ」を頂き、家に持ち帰り実際に使用して子受けを祈願。
成就すると新しいしゃもじを奉納するのが習い。

noukyou-65.jpg

六十五番札所の納経

☆一口メモ/三角の池
65三角寺-2三角池26
境内にある周囲十数mの池の中には三角形の島があり、
弘法大師が三角形の護摩壇を築いて護摩秘法を修した場所で
寺号の由来でもある。
現在は七福神唯一の女神・弁財天がまつられている。


スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました