admin≫

第六十三番札所 密教山 吉祥寺 

密教山 吉祥寺(みっきょうざん きちじょうじ)
●本尊/毘沙門天
●真言/おん ぺい しらまんだや そわか


63吉祥寺-山門26
●宗派/真言宗東寺派 ●開基/弘法大師
愛媛県西条市氷見乙1048
六十二番札所から約1.5km 徒歩約20分
駐車場50台(寺指定P おかもと 200円)

四国霊場の中で唯一「毘沙門天」を本尊としている。
(商売繁盛にご利益があるとされる)
門柱にも「四国唯一体毘沙門天王鎮座」とある。
63吉祥寺-象26
左右におかれた小さな象の石造に迎えられ境内に。
イチョウの木や楠が残る境内は、歴史を感じさせるたたずまいだ。
63吉祥寺-本堂26
弘仁年間(810~824)に弘法大師が、この地で金色に輝く檜を見つけた。
その木に一刀三礼して、本尊の毘沙門天、脇侍の吉祥天、
善膩師(ぜんにし)童子を刻んだという。
63吉祥寺-毘沙門天25
この寺の毘沙門天は「米持ち大権現」とも呼ばれ、農民からの
信仰が篤いという。
当時の寺は天正13年(1585)に豊臣秀吉による四国攻めの
兵火で焼失。万治2年(1659)に檜木寺と合併して現在地で再興された。
寺宝とされているマリア観音像は、白磁の像で慈愛に満ちた表情と
伝えられるが、秘仏となっている。この像は、土佐の長宗我部元親が
イスパニア船の船長から託されたもので、家臣が秘蔵していたが
家に不幸が続いたので、寺に預けられたと伝えられる。
63吉祥寺-大師堂26
「きっしょうじ」「きつじょうじ」などと呼ばれていることもあるが、
正しくは「きちじょうじ」だそうです。

noukyou-63.jpg

六十三番札所の納経

☆一口メモ/成就石・くぐり吉祥天
63吉祥寺-成就石26
高さ1mほどの石に直径30cmくらいの穴が開いている。
本堂前から目隠しをして進み、願い事を唱えながら
金剛杖を通すことができれば、願いが叶うという。

63吉祥寺-大師・吉祥天26
成就石の隣にある吉祥天の像は、あらゆる貧困を取り除き、
大富貴をもたらす仏様として信仰を集めている。
この像の下をくぐるとご利益があると伝えられている。
残念ながらすでにお金持ちの人には効果が無いそうです。
あしからず。

八角堂
63吉祥寺-七福神26
この八角の建物の中には、七福神のうち、吉祥寺の本尊である
毘沙門天を除く六神が祀られている。

スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました