admin≫

第六十一番札所 栴檀山 香園寺 

栴檀山 香園寺(せんだんさん こうおんじ)
●本尊/大日如来
●真言/おん あびらうんけん ばざら だどばん


61香園寺-入り口25
●宗派/真言宗単立 ●開基/聖徳太子
愛媛県西条市小松町南川甲19
六十番札所から約10km 徒歩約4時間
駐車場100台(無料)寺入り口

この寺でまず驚かされるのが本堂(大師堂)。まるで体育館か
コンサートホールと見間違うようなモダンな鉄筋コンクリート
造りの建物が正面に見える。昭和51年に建てられた建物で、
1階が大講堂、2階が本堂と大師堂になっている。
四国霊場の他の札所とは趣がまるで違う現代感覚?の寺だ。
61香園寺-本堂26
1階正面からもお参りできるが、横の入り口から2階に入ると
巨大な大日如来(本尊)と不動明王、子安大師がまつられている。
61香園寺-本堂口26
この寺の歴史は古く、用明天皇(585~587)の病気平癒を祈願して
聖徳太子が創建したという。この時、金衣白髪の翁が飛来、
本尊の大日如来を安置したと伝わっている。
天平年間には行基が、大同年間(806~810)には弘法大師が訪れた。
大師がこの地で難産で苦しむ女性に、栴檀の香をたいて祈願すると、
玉のような男の子が誕生したという。
そこで大師は栴檀の香を焚きながら、安産・子育て・お身代わり・
女人成仏の四請願と秘法を伝えて四国霊場に定めたという。
栴檀山の山号はこの由来によるものとか・・・。
fudasyo-61-honzon2-nn.jpg
その後、寺は隆盛したが天正の兵火で焼失。
大正2年に再建された。大正時代初期には子安講を創始。
現在でも安産・子育てに霊験あらたかな「子安大師」として有名。
建物の中には、この寺のご利益で子宝に恵まれた人から
奉納された「赤ん坊」の写真が飾られており、おもわず笑顔が出てくる。
※この寺は札所で唯一、本尊と子安大師の2種類のお御影が渡される。
61香園寺-山頭火26
参道から境内へと続く道沿いに山頭火の句碑がある。
漂泊の俳人になった気持ちでどうぞ・・・。

noukyou-61.jpg

六十一番札所の納経

☆一口メモ/子安大師像
61香園寺-子安大師26
大聖堂の前に立つ子安大師像は、背中にゴザを背負い
右手に錫杖を持ち、左手に赤ちゃんを抱かれた姿。
優しさいっぱいで、安産・子育てに信仰を集めている。
61香園寺-子安26
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました