admin≫

第四番札所 黒厳山 大日寺 

黒巌山 大日寺(こくがんざん だいにちじ)

●本尊/大日如来
●真言/おん あびらうんけん ばざら だどばん


4大日寺-山門26
●宗派/東寺真言宗 ●開基/弘法大師
徳島県板野郡板野町黒谷字居内28
 三番札所から約4.5km 徒歩約1時間40分
 駐車場50台(無料)山門前

朱塗りの山門をくぐると、石を敷き詰めた参道の奥に本堂と
大師堂がある。この朱塗りの山門は、上部が鐘楼になって
いる鐘楼門だが、1階部分が角柱、2階部分が丸柱という
変わった造りになっている。
周りを森の木々や渓流に囲まれ、霊地にふさわしい
たたずまいを見せている。
4大日寺-本堂26
寺の名にあるように、ご本尊は弘法大師が彫ったと言われる
大日如来。真言宗では「宇宙の中心、万物の根元とされる。
人々にあまねく、慈悲をもたらす最高の仏」とされている。
(本尊は秘仏であり、拝観することはできない)
本尊にちなんで寺号を大日寺とし第四番札所に定めたという。
(大日如来を本尊としているところは八十八ヵ所中6寺しかない)
4大日寺-大師堂26
その後、何度も廃寺になっては再建を繰り返したが、
天和・貞享年間(1681~1688)に再建された後は、当時の
阿波藩主・蜂須賀家の守り本尊が大日如来であったことから
帰依され、堂塔の修理なども行われたという。
現在の堂宇は、元禄年間(1688~1704)に大改修されたもの。
4大日寺-薬師26
現在は廃絶しているが、古くは本堂近くに通夜堂があり
病に苦しみながら遍路を続けていた人たちの常宿になって
いたという。当時の住職は「お大師さんがご加護してくれる」
と手厚く看病し、加持祈祷をして救済したという話が今も
伝わっている。

noukyou-4.jpg

四番札所の納経

☆一口メモ
三十三観音
4大日寺-33仏25
本堂と大師堂をつないでいる回廊には、33体の観音像が
安置されている。これは西国三十三ヵ所の木造観音像で、
江戸時代の明和年間(1764~1772)に大阪の信者が奉納
したもので様々な形をした観音像は圧巻だ。 

手水所
蛤水(はまぐりみず)と言われる白く濁った水が湧き出ていて、
これを飲むと胃腸にいいと言われていたが、今はポンプで
くみ上げているので、透明な水となってしまった。
       
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました