admin≫

第五十七番札所 府頭山 栄福寺 

府頭山 栄福寺(ふとうざん えいふくじ)
●本尊/阿弥陀如来
●真言/おん あみりた ていせい からうん


57栄福寺-入り口26
●宗派/高野山真言宗 ●開基/弘法大師

愛媛県今治市玉川町八幡甲200
五十六番札所から約3km 徒歩約50分
駐車場10台(200円)寺入り口下

豊かな緑に囲まれた山麓に立つ寺。
弘仁年間(810~824)に嵯峨天皇の勅願により弘法大師が開いた。
周辺の海で海難事故が相次いでいることを知った大師は、
府頭山の山頂で海神供養の護摩供を行った。
その満願の日に海上に出現した阿弥陀如来を本尊として
祀ったのが始まりとされている。
57栄福寺-本堂26
貞観元年(859)には、大安寺の行教上人が暴風雨のため
この地に漂着。府頭山が男山に似ていることに気付き、
また阿弥陀如来が八幡大菩薩の本地仏でもあるので、
境内に神仏混合の石清水八幡宮を建立したという。
以来、海上安全と福寿増長の祈願寺となった。
57栄福寺-大師堂26
その後、明治時代の神仏分離令によって寺を現在地に移転して
神社と寺がそれぞれ独立した。


noukyou-57.jpg

五十七番札所の納経


☆一口メモ/お願い地蔵
57栄福寺-お願い26
境内の入り口に立つ「お願い地蔵」は願いをかなえてくれるという。
ふっくらとした可愛いお顔のお地蔵様だ。

大師堂の干支
57栄福寺-干支26
大師堂は、以前山頂にあった建物の唯一のお堂。
建物の外周りに施された12支の彫刻は一見の価値あり。
正面には球をくわえた龍が、側面には虎などが彫られている。
羊だけ姿が見えないが、隠し彫りされているらしい。
自分の干支を探してみては・・・?
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました