admin≫

第五十六番札所 金輪山 泰山寺 

金輪山 泰山寺(きんりんざん たいさんじ)
●本尊/地蔵菩薩
●真言/おん かかかび さんまいえ そわか


56泰山寺-山門26
●宗派/真言宗醍醐派 ●開基/弘法大師
愛媛県今治市小泉1-9-18
五十五番札所から約3km 徒歩約50分
駐車場50台(200円)門前

のどかな田園風景の中に立派な石垣が印象的。
珍しいことに、この寺には山門が無い。
56泰山寺-本堂26
今治市内を流れる蒼社川(そうじゃがわ)は、たびたび氾濫し
人々は困っていた。
56泰山寺-庭26
この地を訪れた弘法大師が堤防を築き、「土砂加持(どしゃかじ)」
の秘法を行った。すると、満願の日に地蔵菩薩が現れた。
大師はその姿を刻み本尊として安置した。
寺名は延命地蔵十大願の「女人泰産」からとって、泰山寺
名付けられたという。
56泰山寺-大師堂26
高台にある落ち着いたたたずまいの境内には、本堂の向かいに
地蔵車がある。この地蔵車に参拝者は、一回一徳を願って
車輪を手前に回転させ、手を合わせて拝むのだそうだ。
56泰山寺-地蔵車26
この車輪は人生の時計を意味していると言われ、回り巡ってくる
輪廻思想に基づいて名付けられたものだとも言われている。

noukyou-56.jpg

五十六番札所の納経

☆一口メモ/不忘の松(わすれずのまつ)・石像
56泰山寺-松26
大師堂のそばにあった「不忘の松」は大師が寺を建立した時に
自ら植えられたものだが一度枯れてしまい,今は古い切り株が
残っている。
現在は子株として育っていた一株が植えられている。
56泰山寺-大師像26
また、境内には多くの像が並んでいる。大師堂のそばには、
金剛杖を持ち菅笠をかぶった大師像が立っている。
本堂横には金剛力士像と、釈迦の弟子であったとされる
「びんずる尊者」の像が鎮座している。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました