admin≫

第五十三番札所 須賀山 円明寺 

須賀山 円明寺(すがさん えんみょうじ)
●本尊/阿弥陀如来
●真言/おん あみりた ていせい からうん


53円明寺-山門26
●宗派/真言宗智山派 ●開基/行基
愛媛県松山市和気町1-182
五十二番札所から約2.5km 徒歩約30分
駐車場10台(無料)山門前

寺伝では、天平勝宝元年(749)聖武天皇の勅願を受けた行基が
阿弥陀如来像を刻んで本尊としたのが始まりとされる。
当時は西山という海岸にあり、海岸山円明密寺と称した。
53円明寺-本堂26
その後、弘法大師がこの地を訪れ四国霊場五十三番札所としたが
鎌倉時代には度重なる兵火によって焼失。
53円明寺-閻魔堂26
寛永10年(1633)に、この地の豪族・須賀重久により現在の地に
再建されたため須賀山と号したと伝えられている
53円明寺-大師堂26
また、この寺には四国霊場最古といわれる銅製の納め札がある。
四国巡拝中の米国の学者・スタール博士が発見した物で、
「四国仲遍路同行二人 今月今日平人家次」とあり
慶安3年(1650)のものといわれている。
53円明寺-観音堂25



noukyou-53.jpg

五十三番札所の納経

☆一口メモ/中門
53円明寺-中門26
周辺には民家が立ち並び、境内は広くはないが、仁王門を
くぐると本堂・大師堂などが整然と並ぶ。その中でも境内の
中央にある二層の中門は凛とした美しさがある。

キリシタン灯篭
53円明寺-キリシタン26
寛永年間に建立されたといわれ、山門をくぐって左手にある。
その形状は(分かりにくいが)十字架のようになっている。
またマリア様らしき女性の姿も刻まれている。
キリシタン禁制の時代に、寺では信者の礼拝を黙認して
いたと思われる。

龍の彫り物
本堂には長さ4mはあろうかという巨大な龍の彫り物がある。
今にも動き出しそうな躍動感に満ちた龍は、一説には
あの有名な「左甚五郎」の作といわれている。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました