admin≫

第三番札所 亀光山 金泉寺 

亀光山 金泉寺(きこうざん こんせんじ)
●本尊/釈迦如来
●真言/のうまく さんまんだ ぼだなん ばく


3金泉寺-山門26
●宗派/高野山真言宗 ●開基/行基
徳島県板野郡板野町大寺亀山下66
 二番札所から西へ約2.5km 徒歩約40分
 駐車場10台(無料)寺のすぐ横

聖武天皇の勅願により行基が天平年間(729~749)に建立。
3金泉寺-本堂26
当時は金光明寺(こんこうみょうじ)と言われていたが、
弘法大師が水不足に悩む住民のために井戸を掘ると、霊水が
湧き出た為これに感動した大師が金泉寺と改めたという。
3金泉寺-龍王26
朱塗りの仁王門をくぐると正面に香炉堂そして堂々とした
風格の本堂が見える。天正の兵火で大師堂以外は焼失。
現在の本堂はその後再建したもの。
3金泉寺-大師堂25
境内には大師堂、八角形の観音堂、少し高台にある二層の
多宝塔と、まとまりのある配置をした寺だ。
かつては大規模な堂宇伽藍が立ち並ぶ寺であったといわれ、
地名の「大寺(おおてら)」もそれにちなんだものと言われる。
3金泉寺-八角26
寺の中で一番古い仏像がこの観音堂の中にある。
この観音像は勝運観音とも呼ばれる運の強い観音様で
寿永4年(1185)年2月、屋島に向かう途中の義経も
必勝祈願のために立ち寄ったといわれる。

noukyou-3.jpg

三番札所の納経

☆一口メモ
 黄金の井戸
3金泉寺-井戸26
地蔵堂の中にある「黄金の井戸」と呼ばれる井戸は、
現在も湧き出ていて、井戸を覗き込み影がはっきりと映れば
長寿、ぼやけていると短命という言い伝えがある。
(一説によると92歳まで?生きることができるらしい)
一度覗いてみませんか?(ちょっと怖い!)

弁慶の力石
3金泉寺-弁慶26
源平合戦の頃、屋島へと向かっていた義経一行が
戦勝祈願の為立ち寄った時に弁慶が持ち上げたとされる
「石」が境内西隣の庭園の角に置かれている。
(はっきり言って、とても上がりそうも無い「岩」です)
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました