admin≫

第五十番札所 東山 繁多寺 

東山 繁多寺(ひがしやま はんたじ)
●本尊/薬師如来
●真言/おん ころころ せんだり まとうぎ そわか


50繁多寺-山門26
●宗派/真言宗豊山派 ●開基/行基
愛媛県松山市畑寺町32
四十九番札所から約1.6km 徒歩約30分
駐車場5台(無料)山門前

山門をくぐると静寂感いっぱいの境内が広がる。
松山市街はもとより瀬戸内海までが見渡せる高台にあり、
緑豊かな風情がいい。とりわけ春の桜、秋の紅葉は見逃せない。
50繁多寺-本堂26
寺伝によると、天平勝宝年間(749~757)に孝謙天皇の勅願により
行基が開基した寺で、本尊は行基が刻んだとされる薬師如来。
50繁多寺-大師堂26
弘仁年間(810~824)に弘法大師が四国霊場五十番札所に定め、
名前を東山繁多寺と改めた。その後寺は荒廃。
50繁多寺-お堂26
弘安2年(1279)元寇の退散祈願の勅願を受けて聞月上人が再興。
応永元年(1394)には後小松天皇の意向で、京都泉涌寺の
快翁和尚が第七世住職に就任。以来、この寺は高僧が住職に
なったことで知られる。
また、この寺は時宗の開祖である「一遍上人」の修業の道場
としても知られている。

noukyou-50.jpg

五十番札所の納経

☆一口メモ/歓喜天堂
50繁多寺-歓喜天26
江戸時代、名僧・龍湖が住職になり、徳川家の帰依を受ける
ことになり、寺は隆盛したという。
この時、徳川四代将軍家綱の念持仏だった歓喜天を祀った。
厄除けや商売繁盛、合格祈願等に多くの人が訪れる。

鐘つき堂の天井絵
50繁多寺-鐘楼26
再建された鐘つき堂の天井には、色彩豊かな天井絵が見られる。
中国の「二十四考」をモチーフに描かれたものだという。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました