admin≫

第四十七番札所 熊野山 八坂寺 

熊野山 八坂寺(くまのざん やさかじ)
●本尊/阿弥陀如来
●真言/おん あみりた ていせい からうん


47八坂寺-山門26
●宗派/真言宗醍醐派 ●開基/役行者小角
愛媛県松山市浄瑠璃町八坂773
四十六番札所から約1km 徒歩約15分
駐車場15台(無料)境内横

小さな山門と一体になった朱塗りの橋を渡ると、まっすぐに
参道がのび、その上に鉄筋コンクリート造りの堂々として
すっきりと美しいたたずまいの本堂がある。
47八坂寺-本堂26
この寺の歴史は古く、役行者小角(えんのぎょうじゃおずぬ)
によって開基され、かつては修験道の道場として栄えていた。
47八坂寺-不動26
文武天皇の勅願により、伊予の国司・越智玉置が、大宝元年
(701)に創建した。
47八坂寺-鐘楼25
その時、伽藍を建立するために八つの坂を切り開いたため
八坂寺」の寺号が付けられたという。
47八坂寺-大師堂26
その後寺は荒廃するが、弘仁6年(815)に弘法大師が再興し、
四国霊場四十七番札所に定められた。
隆盛を極めた寺は修験道の根本道場として栄えたが、天正年間の
長宗我部の兵火により伽藍の多くを焼失。
47八坂寺-堂26
現在の堂宇はその後に再建されたもので、全盛期に比べると
その規模はかなり縮小されているという。

noukyou-47.jpg
四十七番札所の納経

☆一口メモ/閻魔堂        
47八坂寺-閻魔26
「極楽の途」「地獄の途」の二つのトンネル状になっていて
美しい浄土や、餓鬼道・畜生道等が描かれている。
    

本尊       
恵心僧都(えしんそうず)作といわれる寄木造りの阿弥陀如来像。
県の重要文化財にも指定されている。
この本尊は秘仏とされており開帳は50年に一度に限られている。
次回の開帳は2034年の予定。

スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました