admin≫

第四十六番札所 医王山 浄瑠璃寺 

医王山 浄瑠璃寺(いおうざん じょうるりじ)
●本尊/薬師如来
●真言/おん ころころ せんだり まとうぎ そわか


46浄瑠璃寺-参道26
●宗派/真言宗豊山派 ●開基/行基
愛媛県松山市浄瑠璃町282
四十五番札所から約35km 徒歩約8時間
駐車場8台(無料)境内裏

浄瑠璃寺は松山市内8ヵ寺の打ち始めの札所である。
46浄瑠璃寺-本堂26
和銅元年(708)、行基が奈良東大寺の大仏開眼に先立って
仏教布宣のために訪れた。
そして、この地が仏教流布の最適地であると確信し、
自ら本尊の薬師如来と日光・月光菩薩、十二神将を刻み
安置したのが始まりと伝えられる。
薬師如来のいる場所が「浄瑠璃浄土」、また薬師如来の別名が
「瑠璃光如来」ということから浄瑠璃寺となったという。
46浄瑠璃寺-大師堂26
弘仁3年(812)、弘法大師が訪れ、荒廃していた堂宇を修復。
その後、四国霊場四十六番札所に定めたという。
その後荒廃・中興をくり返し、江戸時代には本尊・脇仏を除く
ほとんどの伽藍を焼失。現在の堂宇は、天明5年(1785)に
再建されたもの。
46浄瑠璃寺-鐘楼26
また、この寺は「ご利益のよろず屋」と呼ばれるほど
数々のご利益があると信仰を集めている。
46浄瑠璃寺-籾26
豊作や延命のご利益があるとされる籾大師像(もみだいし)、
藤棚のそばにある一願弁天は、ただ一つの願いを叶えてくれる
守護神といわれ、知恵、財宝、音楽に関する願いには特に
霊験あらたかと伝えられる。

noukyou-46.jpg

四十六番札所の納経

☆一口メモ/イブキビャクシン
46浄瑠璃寺-霊木26
境内には、樹齢1000年以上といわれるイブキビャクシンの
大木がそびえている。これは弘法大師が加持したものといわれ
松山市の天然記念物に指定されている。

仏足石・仏足手・仏手指紋
46浄瑠璃寺-仏足26
境内には「ご利益のよろず屋」にふさわしく仏足石・仏足手・
仏手指紋がある。
仏足石は、裸足になりこの上に立ち「健康・交通安全」等を祈願する。
札所に仏足石は珍しくないが、踏むことができるのはこの寺だけ。
また、あらゆる知恵や技能にご利益がある仏足手。
46浄瑠璃寺-仏手26
心身堅固と文筆達成に霊験があるという仏手指紋にもお参りを・・・
46浄瑠璃寺-だっこ26
可愛い「だっこ大師」には思わず微笑んでしまう。
ぜひ、だっこしてあげてください。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました