admin≫

第四十一番札所 稲荷山 龍光寺 

稲荷山 龍光寺(いなりざん りゅうこうじ)
●本尊/十一面観世音菩薩
●真言/おん まか きゃろにきゃ そわか


41龍光寺-鳥居26
●宗派/真言宗御室派 ●開基/弘法大師
愛媛県宇和島市三間町戸雁173
四十番札所から約60km 徒歩約15~16時間
駐車場20台(無料)宿坊横

ここには札所に見られる山門はなく、石の鳥居が立っている。
初めて訪れた人は「ここはお寺?神社?」と不思議に思うかも・・・。
fudasyo-41-zenkei-nn.jpg
山の斜面に境内があり、50段ほどの石段を上ると本堂と大師
堂があり、正面の石段を40段ほど上ると稲荷神社がある。
ここからは三間平野が見渡せ、その眺望は素晴しい。
41龍光寺-本堂26
この寺の開基には伝説が残されている。
大同2年(807)、この地を訪れた弘法大師は、
稲を背負ったおじいさんに出会った。
老人は「われこの地に住み、法教を守護し諸民を利益せん」
と大師に告げると姿を消したという。
41龍光寺-庭26JPG
大師はこの老人を五穀大明神の化身であろうと考えて
像を刻んで稲荷大明神として安置。稲荷山龍光寺を開基した。
41龍光寺-大師堂23
その後、農業の守り神として信仰を集めたが、
明治初期の神仏分離令で、元の本堂を稲荷社にし、
新しく本堂を建立し、本尊も十一面観世音菩薩に変わった。
もとの本尊が「お稲荷さん」であったので、地元では
「三間のお稲荷さん」として親しまれている。
41龍光寺-七福神26
七福神の寺の一つとしても親しまれ、かわいい七福神像が
大師堂の横手にある。


noukyou-41.jpg

四十一番札所の納経

☆一口メモ/お稲荷さん
41龍光寺-稲荷256JPG
お稲荷さんは、稲を象徴する神様であり
五穀豊穣の祈願に利益があるとされる。
しかし、江戸時代には商売繁盛・開運を求める人が増えたという。
毎年3月の第1日曜日には、お稲荷さんの大祭が行われている。

龍の目玉
本堂に丸い石が奉納されている。これは昔、庄屋さんが
龍に襲われると、差していた刀がひとりでに龍の目玉を
くり抜いた。その目玉がこの石になったという。
この「龍の目」は拝観できるが、見た目は10cmほどの
普通の丸い石である。       
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました