admin≫

第四十番札所 平城山 観自在寺 

平城山 観自在寺(へいじょうざん かんじざいじ)
●本尊/薬師如来
●真言/おん ころころ せんだり まとうぎ そわか


40観自在寺-山門26
●宗派/真言宗大覚寺派 ●開基/弘法大師
愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城2253-1
三十九番札所から約30km 徒歩約7時間30分
駐車場20台(無料)仁王門横

大同2年(807)、51代平城天皇の勅願所として弘法大師が
開基したと伝わる。山号の平城山は平城天皇にちなんだもの。
40観自在寺-本堂25
その時、大師は一本の霊木から本尊の薬師如来、脇侍の
阿弥陀如来と十一面観世音菩薩像の3体を刻み安置したという。
40観自在寺-心経宝塔25JPG
天皇家から庶民までの広い階級から信仰を集め、日本に4箇所の
鎮守の一つでもあったという。特に平城天皇、嵯峨天皇は行幸され
一切教と大般若経を納められたという。
40観自在寺-八角堂25
その後、宇和島藩主・伊達宗利の勅願所となった。
伊予の国(愛媛県)での打ち始めの寺に当たる観自在寺は、
一番札所霊山寺から直線距離で一番遠い場所にあることから
「四国霊場の裏関所」と呼ばれている。
40観自在寺-大師堂25
本堂は昭和34年に火災により全焼したが、
昭和39年に大師創建時の姿に再建。
大師堂は平成5年に改築され、回廊には四国霊場八十八ヵ寺の
「お砂」が敷き詰められており、大師堂の周りを歩くと、
四国霊場のお砂巡りができる。


noukyou-40.jpg

四十番札所の納経

☆一口メモ/総欅造りの山門
火災などで古い建物があまり残っていない中で、
総欅造りの山門は約200年前に建立されたもので、
威風堂々としたたたずまいを見せている。
仁王像は下久家の大工の作、額は高野山401世座主の筆によるもの。
40観自在寺-干支26
天井にある十二支の方位盤は特に有名。

栄かえる
40観自在寺-25
仁王門から本堂への途中に、なんともユーモラスな
3匹のかえるの石造がある。
願いを込めてこれを撫でると、「親子孫と三さかえる」
「お金がかえる」「福がかえる」「病気が引きかえる」などの
ご利益があるといわれている。

八体の石像
40観自在寺-八仏25
門をくぐると8体の石像が見える。
これらの像は、十二支守り本尊の八体仏と呼ばれ、東西南北
および北東、北西、南東、南西の八方位の守護仏とされる。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました