admin≫

第三十九番札所 赤亀山 延光寺 

赤亀山 延光寺(しゃっきざん えんこうじ)
●本尊/薬師如来
●真言/おん ころころ せんだり まとうぎ そわか


39延光寺-山門26JPG
●宗派/真言宗豊山派 ●開基/行基
高知県宿毛市平田町中山390
三十八番札所から約60km 徒歩約20時間
駐車場70台(無料)山門下

聖武天皇の勅願をうけ、神亀元年(724)に行基が開基。
行基自らが刻んだ薬師如来を本尊とし亀鶴山施薬院宝光寺
と称していた。
39延光寺-本堂25
延暦14年(795)に弘法大師が訪れ、桓武天皇の勅願所として
日光・月光の脇侍を刻んで再建、四国霊場に定めたという。
39延光寺-大師堂26
中世に入り、大いに栄えたものの近世には衰退。
さらに明治時代初期の廃仏毀釈で一時は廃寺となったが、
ほどなく再興された。
石段を上ったところに風格のある山門がある。
広々とした境内には、本堂と大師堂のみが建つ。
39延光寺-大師25
裏山の木々をバックに、いずれもすっきりとした美しい姿で
修業の道場の締めくくりにふさわしいたたずまいを見せている。

noukyou-39.jpg

三十九番札所の納経

☆一口メモ/梵鐘
39延光寺-亀26
延喜11年(911)のこと、赤い亀が背中に乗せて
竜宮城から持ち帰り寺に納めたという梵鐘。
この伝説にちなんで、赤亀山延光寺と改められたという。
山門のそばに、その赤亀のユーモラスな像がある。
ただ、周りを見渡しても海はどこにも見当たらない?
実物は国の重要文化財になっていて、高さ33.3cm
口径23.5cmの銅製で県内では最古の物。
余談だがこの梵鐘は明治時代に県議会の合図に使用するため
県庁まで出張したという話も残っている。

眼洗いの井戸
39延光寺-目あらい25
境内の庭園の片隅にある「眼洗いの井戸」は、弘法大師
水不足に困っていた住民のために錫杖で地面をついたところ
霊水が湧き出たため、これを宝井水と名づけたという。
今も眼病に霊験あらたかな井戸水として信仰を集めている。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました