admin≫

第三十六番札所 独鈷山 青龍寺 

独鈷山 青龍寺(どっこざん しょうりゅうじ)
●本尊/波切不動明王
●真言/のうまく さんまんだ ばざらだん せんだ まかろしゃだ
      そはたや うん たらた かんまん


36青龍寺-山門25
●宗派/真言宗豊山派 ●開基/弘法大師
高知県土佐市宇佐町竜163
三十五番札所から約15km 徒歩約4時間
駐車場20台(無料)門前

延暦23年(804)、唐に渡った弘法大師は、長安の青龍寺
恵果和尚に真言密教の奥義を授けられ、真言八祖になった。
帰国にあたって大師は、恵果和尚の恩に報いるために
日本にも青龍寺を建立したいと考えた。
36青龍寺-本堂25
そこで、「寺院の建立に最勝の地に留まりたまえ」と
唐から独鈷を東の空に投げたという。
帰国した大師が四国巡錫のおりに、ここの松の木に
掛かっているのを見つけた。
36青龍寺-明王25
そこで不動明王を刻み安置したのが青龍寺の始まり。
山号の独鈷山は、この寺伝による命名である。
36青龍寺-石段25
仁王門から本堂までは170段という急な石段が続く。
石段の途中にはお地蔵さんや、冷たそうな水が流れ落ちている
行場や、鮮やかな朱色の三重塔がある。
36青龍寺-滝25
境内には本堂、大師堂、薬師堂が一直線に並んでいる。
これは、唐の青龍寺を模しているという。
36青龍寺-大師堂25
余談だが、近くにある明徳義塾高校出身の元横綱「朝青龍」は
この厳しい坂で足腰を鍛えたという。
しこ名の「青龍」がこの寺号から取られたのは有名な話。

noukyou-36.jpg

三十六番札所の納経

☆一口メモ/三重塔
36青龍寺-五重塔26
石段の途中にある三重塔は、緑の木々の中にあり
鮮やかな朱がひときわ目を引く。

参道の石仏
36青龍寺-地蔵25
寺へ向かう参道には道しるべのように石仏がありお遍路さん
導いてくれる。

スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました