admin≫

第二十八番札所 法界山 大日寺 

法界山 大日寺(ほうかいざん だいにちじ)
●本尊/大日如来
●真言/おん ばざら だどばん


28大日寺-山門26
●宗派/真言宗智山派 ●開基/行基
高知県香南市野市町母代寺476
二十七番札所から約42km 徒歩約10~12時間
駐車場30台(無料)

天平年間(729~749)聖武天皇の勅願により行基が開基した。
その後荒廃したが、弘仁6年(815)に弘法大師が訪れ、
楠の大木に爪で薬師如来を刻み、奥の院に設置し、
ここを霊場と定めた。
28大日寺-本堂26
慶長年間(1596~1614)以降は、土佐藩の祈願所として栄えた。
明治4年には廃仏毀釈のあおりを受けて廃寺となってしまったが、
地元の人々は本堂を大日堂として守り続け、明治17年に
再興され大日寺と名を改めた。
28大日寺-風景26
本堂は台風の被害を受け、昭和46年に再建された。
本堂には行基作といわれる大日如来が安置されている。
像は四尺八寸二分(約145cm)の坐像で、中四国では
最大級といわれており、国の重要文化財にも指定されている。
脇仏は智証大師作の聖観音像で、こちらも国の重要文化財。
残念ながらどちらも非公開となっている。
28大日寺-大師堂26
石段の途中に建つ10本柱の山門をくぐって境内に入る。
早春にはサンシュウの花、春にはしだれ桜、10月中旬以降には
十月桜や万両が美しく、四季折々の風情を楽しめる。
28大日寺-地蔵26



noukyou-28.jpg

二十八番札所の納経

☆一口メモ/爪彫薬師(つめぼりやくし)
28大日寺-爪ほり26
弘法大師が爪で彫ったとされる薬師如来・爪彫薬師の霊木が、
本堂から少し離れたところにある奥の院に安置されている。
目・耳・鼻・口など首から上の病気にご利益があると伝えられている。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました