admin≫

第二十五番札所 宝珠山 津照寺 

宝珠山 津照寺(ほうしゅざん しんしょうじ)
●本尊/楫取地蔵菩薩
●真言/おん かかかび さんまいえ そわか


25津照寺-山門26
●宗派/真言宗豊山派 ●開基/弘法大師
高知県室戸市室津2644
二十四番札所から約6km 徒歩約2時間
駐車場なし(港の広場に駐車可・無料 寺まで3分くらい)

室津を一望にする高台に建つ。地元では「津寺」(つでら)と
親しみを込めて呼ぶ。津照寺は最御崎寺・金剛頂寺と並んで
「室戸三山」の一つである。
25津照寺-2本堂23
小さな山門をくぐると、本堂に向かう125段の急傾斜の
石段があり、その途中に朱塗りの鐘楼門がある。
25津照寺-鐘楼門25
大師が海の安全と大漁を祈願して延命地蔵菩薩を刻み安置した。
本尊は延命地蔵菩薩だが、別名「楫取地蔵(かじとりじぞう)」
25津照寺-地蔵26
これにはこんなエピソードがあるという。
土佐藩主山内一豊がこの沖で暴風雨に襲われた時、
どこからか一人の僧が現れて楫を取り、港に導いた。
一命を取り留めた一豊がこの寺を参拝すると、
本尊の延命地蔵菩薩がビショビショに濡れていたという。
以来、漁民や船乗りの信仰が篤いという。
fudasyo-25-daisido-nn.jpg
近年は夫婦円満・家内安全に御利益のある本尊として
信仰を集めている。この本尊は50年に一度開帳される
秘仏となっている。
境内から眺める景色は素晴らしく、深い緑の向こうに見える
室戸の海や港が、爽快な気分にしてくれる。

noukyou-25.jpg

二十五番札所の納経


☆一口メモ/鐘楼門
fudasyo-25-sanmon-nn2.jpg
本堂に向かう石段の途中にある門は、「仏の灯台」と呼ばれ
鮮やかな朱塗り。周囲の深い緑と絶妙のコントラストを見せる。
遠くからでもよく見え、この寺のシンボル。
石段の途中にあるのでここで一息つくのもいい。      
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました