admin≫

真言宗十八本山第十七番 根来寺 

真言宗十八本山第十七番 
新義真言宗の総本山
根来寺(ねごろじ)
根来寺-1

●宗派/新義真言宗総本山
●本尊/大日如来 ●開基/覚鑁(興教大師)

●和歌山県岩出市根来2286

正式には「一乗山大伝法院根来寺」と称し、新義真言宗
総本山である。
平安時代後期、高野山の学僧覚鑁(かくばん)が大治5年
(1130)に高野山内に堂を建て伝法院と称した。
鳥羽上皇の庇護の下荘園等を賜り、高野山において
大伝法院は大いに隆盛をしたという。長承3年(1132)、
覚鑁は金剛峯寺座主に就任したが、高野山内の一部の
衆徒たちとの間に確執を生じ、保延6年(1140)に根来に
移ることとなった。
根来寺-daihaku2
覚鑁は3年後に49歳の生涯を閉じたが、正応元年(1288)
頼瑜(らいゆ)僧正が大伝法院の寺籍を根来に移したという。
根来寺-koumyo1
室町時代末期には最盛期を迎え、一大宗教都市を形成し、
根来衆と呼ばれる僧兵1万あまりの大軍事集団を擁した。
しかし天正13年(1585)秀吉の紀州攻めにより、大師堂、
大塔など数棟を残して寺は焼け落ちた。
根来寺-daisido1
江戸時代になり紀州徳川家の庇護のもと大門・伝法堂・
常光明真言堂・不動堂など主要な伽藍が復興された。
ほぼ時を同じくして東山天皇より覚鑁上人に「興教大師」の
大師号が下賜された。
根来寺-fudodo2-雨
現在新義真言宗の総本山として、興教大師の御廟を守り、
また境内は中世の佇まいを残し、四季折々の変化に富み
多くの参拝者を楽しませている


noukyou-根来寺18の17 ●根来寺の納経


一口メモ/国宝大塔
根来寺-daito2
高さ40m幅15mの日本最大の多宝塔。解体修理の際に
文明12年(1480)ころから建築が始まり天文16年(1547)頃に
完成したと思われる墨書が部材から発見された。
大師堂とともに秀吉の焼き討ちをまぬがれたもので、秀吉に
攻められた際の火縄銃の弾痕が残っている。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました