admin≫

真言宗十八本山第十一番 随心院 

真言宗十八本山第十一番 
小野小町ゆかりの寺
随心院(ずいしんいん)
隨心院-小野小町JPG

●宗派/真言宗善通寺派大本山 
●本尊/如意輪観音 ●開基/仁海

●京都府京都市山科区小野御霊町35

随心院は、平安時代の正暦2年(991)に一条天皇から
寺地を下賜され、弘法大師から八代目の弟子にあたる
仁海が、牛皮山曼荼羅寺(ぎゅうひざんまんだらじ)を建立。
真言宗小野派の発祥の地ととなった。
隨心院-庫裡1
第5世住持の僧俊の時代に、曼陀羅寺の塔頭の一つとして
随心院が建てられた。
鎌倉時代の寛喜1年(1229)後堀河天皇から門跡の宣旨をうけ、
以来、小野曼荼羅寺御殿随心院門跡となる。
応仁の乱によりほとんどが焼失したが、江戸時代の慶長4年
(1599)九条家と二条家から門跡が入山され再興された。
隨心院-本堂
本堂は再建当時のもので、本尊如意輪観音や阿弥陀如来
像等が安置されている。
書院は徳川秀忠夫人天真院尼の寄進である。
隨心院
書院前庭園は素晴らしく、ゆっくりと腰を降ろしていつまでも
眺めていたい気持ちになる。また書院では、狩野派による
襖絵を見ることができる。(絵画はよくわからなくても、その
迫力には圧倒される。ただ写真撮影禁止なので紹介でき
ないのが残念です)
隨心院-庭1

真言宗は明治以降、対立と分派・合同を繰り返し、明治40年
には小野派本山となった。昭和6年に真言宗小野派を真言宗
善通寺派と改称。昭和16年には善通寺が総本山に昇格。
現在は、宗祖空海の生誕地に建つ善通寺が善通寺派総本山、
随心院は善通寺派大本山と位置づけられている。


noukyou-隨心院18の11 随心院の納経

●一口メモ/小野小町と深草少将
隨心院-小町井戸
随心院が建つ付近はこの地方の勢力者、小野一族の土地
であり、随心院境内は小町の旧跡と伝えられる。小町は
現在の随心院の「小町化粧の井戸」付近に住んでいた。
容姿端麗で和歌にすぐれた超美人だったとか・・・。
深草少将は、小町のもとへ訪ねたが小町は冷たかった。
少将は「あなたの心が溶けるまで幾夜でも参ります。
今日はその第一夜です」と、印として門前のカヤの実を
採って渡した。そして九十九夜、雪の夜であった。門前に
たどり着いた少将は九十九個目のカヤの実を手にしたまま
倒れてしまった。
少将が亡くなったことを知った小町が植えたというカヤの
木が境内にある。かつては九十九本あったという。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました