admin≫

真言宗十八本山第五番 大覚寺 

真言宗十八本山第五番 
皇室ゆかりの寺
大覚寺(だいかくじ)
大覚寺-式台玄関

●宗派/真言宗大覚寺派大本山
●本尊/不動明王ほか五大明王
 ●開基/嵯峨天皇
●京都府京都市右京区嵯峨大沢町4

正式には「旧嵯峨御所大覚寺門跡」と称し、平安時代初期に
嵯峨天皇の離宮として建立された。
嵯峨天皇の信任を得ていた空海が、離宮内に五大明王を安置する
堂を建て、修法を行ったのが起源とされる。
大覚寺-五大堂
大覚寺となったのは、皇孫である恒寂入道親王を開山として
開創した貞観18年(876)である。
大覚寺-御影堂
鎌倉時代には、亀山法皇や後宇多法皇が入寺し、ここで院政を
行ったため「嵯峨御所」とも呼ばれた。中でも、後宇多法皇は
伽藍の整備に力を尽くしたという。
亀山法皇・後宇多法皇の系統はこの寺にちなんで「大覚寺統」と
呼ばれ、後深草天皇の系統の「持明院統」と交代で帝位についたが
南北朝時代には対立。元中9年(1392)南北朝のの和解により、
南朝最後の天皇である後亀山天皇から北朝の後小松天皇に
「三種の神器」が引き継がれたのも、ここ大覚寺においてであった。
大覚寺-勅使門
大覚寺は皇室ゆかりの寺であり、現在でも御所風の雰囲気が漂う。

noukyou-大覚寺18の5 ●大覚寺の納経

●一口メモ/大沢の池
大覚寺-大沢池
大覚寺の東にあり、周囲約1kmの日本最古の人工の林泉(林や
泉水等のある庭園)。嵯峨天皇が離宮の造営にあたり、中国の
洞庭湖を模して造られたところから、庭湖とも呼ばれる。
池の中の二島一石の配置が華道嵯峨御流の基本形に通じていると
いわれる。(大覚寺は、いけばな嵯峨御流の総司所(家元)でもある)
池のほとりの茶室や、石仏等、国指定の名勝地になっている

勅封心経殿(心経殿)
大覚寺-心経殿
大正14年、後宇多法皇600年、後亀山天皇500年の御遠忌
記念事業として法隆寺の夢殿を模して建立された。
中には、嵯峨天皇を始め御光厳・後花園・後奈良・正親町・
光格天皇の勅封心経を奉安し、薬師如立来像が安置されている。
平成9年に登録文化財に指定された。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました