admin≫

第二十三番札所 医王山 薬王寺 

医王山 薬王寺(いおうざん やくおうじ)
●本尊/薬師如来
●真言/おん ころころ せんだり まとうぎ そわか


23薬王子-山門26
●宗派/高野山真言宗 ●開基/行基
徳島県海部郡美波町奥河内字寺前285-1
二十二番札所から約23km 徒歩約6~7時間
駐車場50台(無料)門の前

亀神3年(726)、聖武天皇の勅願により行基が建立。
23薬王子-本堂26
その後、弘仁6年(815)に弘法大師が平城天皇から
民衆の厄除け祈願寺を開くようにと勅命を受け、
本尊の薬師如来を刻んで安置し、厄除けの根本祈願寺とした。
23薬王子-大師堂26
平城、嵯峨、淳和、鳥羽の各天皇等が厄除け祈願の為、
勅旨を遣わしたほか、後嵯峨天皇が伽藍を再建。
23薬王子-お堂26
藩政時代には蜂須賀家から寺領を賜るなど、多くの信仰を集めた。
嘉禄2年(1226)には土御門上皇が皇居として住まわれたという。
現在でも厄除けの寺として全国から参拝する人が後を絶たない。
23薬王子-大木26
幾度かの火災や兵火などで焼失・再建を繰り返したが、
現在の本堂は明治時代に再建されたもの。
本尊にまつわる伝説が残っている。
文治4年(1188年)の火災の時に本堂等は焼け落ちたが、
本尊は光を放って玉厨子山に飛び去り、本堂が再建され
新しい薬師如来を安置したところ、前の本尊が戻ってきて、
新しい像の後ろに座られたという。
堂内には2体の本尊(非公開)がまつられていて、前と後ろから
お参りするようになっていた。

23薬王寺-鳴門秘帖25
吉川英治の「鳴門秘帖」の舞台に、鳴門とともになった薬王寺
の門前には土産物店が軒を並べ、今も門前町の風情を残し、
全国から訪れる善男善女を出迎えてくれる。

noukyou-23.jpg

二十三番札所の納経

☆一口メモ/厄坂
23薬王子-還暦坂26
厄坂は3つあり、女坂33段、男坂42段そして還暦厄坂は61段。
石段の下には薬師本願経を一字ずつ書いた小石が
埋め込まれていて、踏むごとに厄が払われるという。
厄年の石段1段ごと賽銭を置きながら上がっていくのが
習わしとなっている。(一円玉への両替もしてもらえる)

 瑜祇塔(ゆぎとう)
23薬王子-2ゆぎ塔26
真言宗の経典である瑜祇経の教理を形に表わしたもの。
高さ29mの塔。地下は真っ暗な戒壇めぐりに、書画を展示。
1階は弘法大師の一生を著した高野大師行状図画を展示。
2階は展望台に幸せを運ぶという金色の亀が。
見学料は大人100円

厄災消除の鐘
23薬王寺-願い25
真言を唱えながら歳の数だけ鳴らすと、厄災が消えるという
ありがたい鐘。境内にあるので探してみては・・・。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました