admin≫

真言宗十八本山第九番 東寺(教王護国寺) 

真言宗十八本山第九番
真言密教の根本道場 
東寺(教王護国寺)(とうじ・きょうおうごこくじ)

東寺-南大門・金堂

●宗派/東寺真言宗総本山 ●本尊/薬師如来
●開基/桓武天皇

●京都府京都市南区九条町1

東寺の正式名称は「金光明四天王教王護国寺秘密伝法院」と
「弥勒八幡山総持普賢院」の2つの名勝がある。
教王護国寺(きょうおうごこくじ)が近代以降の法人名として
の正式名称であるが「東寺」も単なる通称や俗称ではなく、
創建当時から使用されてきた歴史的名称である。

8世紀末、平安京の正門に当たる羅城門の東西に「東寺」と
「西寺」という2つの寺院が建立された。
「東寺」は平安京の左京と東国を守る国家鎮護の寺と言う
意味合いを持った官立寺院であった。
(ちなみに西寺は廃絶して今はない)
弘仁14年(823)弘法大師空海は嵯峨天皇から東寺を賜った。
この時から,国家鎮護の寺院であるとともに真言密教の
根本道場となった。
東寺-五重塔1
以来、後白河法皇、源頼朝、織田、豊臣、徳川の各氏らの
外護を受けてきたが、落雷や兵火によって創建当時の建物は
残っていない。五重塔は、正保元年(1644)徳川家光の寄進
によって造営されたもの。
東寺-講堂
南大門から金堂・講堂・食堂と直線に敵に並ぶ伽藍配置は、
創建当時の様式を守ったもので、当時の寺院の姿がしのばれる。
講堂には大日如来を中心とした立体曼陀羅が構成され、その
全体の構想は空海によるものとされる。

東寺-大師堂正面
境内北部の「西院」と呼ばれる一画に立つ御影堂は、かつて
空海が住房としていたところで、北側の前堂には弘法大師
(国宝)を安置している。
東寺-大師堂
後堂(南側)には空海の空海の念持仏とされる不動明王坐像
(国宝)を安置する。この像は秘仏で非公開だが、不動明王像
としては最古の作例のひとつといわれる。
弘法大師空海が今も生きているがごとく朝食を捧げる「生身供」
(しょうしんく)の儀式は、今も毎朝6時から御影堂で行われており、
多くの参拝者が集まる。

noukyou-東寺  ●東寺の納経

●一口メモ/弘法市
京都の観光名所として観光客が絶えないのはもちろんだが、
弘法大師入定(にゅうじょう)の毎月21日には大師堂前で
開かれる朝市は「弘法さん」の名で知られ、境内には露店が
数多く並びいつも信者や買い物客でにぎわう。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました