admin≫

第二十一番札所 舎心山 太龍寺 

舎心山 太龍寺(しゃしんざん たいりゅうじ)
●本尊/虚空蔵菩薩
●真言/のうぼう あきゃしゃらばや おん ありきゃまり ぼり そわか


21大龍寺-山門26
●宗派/高野山真言宗 ●開基/桓武天皇(勅願)
徳島県阿南市加茂町龍山2
二十番札所より約10km 徒歩約2時間30分~3時間30分
ロープウェイ約10分(大人往復2400円)
駐車場200台(無料)ロープウェイ乗り場前

21大龍寺-ロープ26
四国霊場第三の難所だったが、ロープウェイの開通で、標高
約600mの山頂まで10分で行く。
21大龍寺-階段26
桓武天皇の勅願によって開かれ、弘法大師が自ら刻まれた
虚空蔵菩薩が安置されている。
太龍寺は大師が19歳の時に修行を行い、室戸岬と並んで
青年時代の思想形成に、大きな影響を与えた場所だという。
21大龍寺-本堂26
本堂は開創以来、何度かの落雷や火災などで焼失し、現在の
ものは嘉永5年(1852)に、蜂須賀公によって再建されたもの。
21大龍寺-多宝塔26
周囲に老杉が茂る境内には、多宝塔、大師堂、求聞持堂、
護摩堂、六角経蔵などがあり、そのスケールの大きさは
「西の高野」と呼ばれている。
21大龍寺-大師堂26


noukyou-21.jpg

二十一番札所の納経

☆一口メモ/龍天井
21太龍寺-龍25
納経所の右隣に建つ持仏堂の廊下の天井には、四条派の
画家竹村松嶺による龍が描かれている。
その姿は、今にも飛び出して来るかのような迫力。

舎心ヶ嶽
21大龍寺-大師像26
ロープウェイから、切り立った岩壁の上に大師の坐像を
見ることが出来る。19歳の時に100日間に渡って修行した地で、
山頂駅からは、徒歩20分ほどで行ける。
その道筋には石仏八十八ヵ所が設けられている。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました