admin≫

鎌大師2 

鎌大師2
「人生は路上にあり」
手束妙絹(てつかみょうけん)さんの著書より
鎌大師-2
鎌大師と言えば、庵主さんの手束妙絹さんが有名だった。
過去形なのは、2003年4月30日の誕生日(95歳)をもって
鎌大師堂の庵主を引退されたからです。
妙絹さんに逢いたくて、お話をしたくてここへ立ち寄る人は
多かったという。時間が許す限り話を聞いたり、また一緒に
お参りしたりしていました。

妙絹さんの言葉を紹介します。
「あなたが今こうして歩いてお遍路をできることが一番幸せな
ことではありませんか。お遍路ができる身体、宿に泊まれるだけの
お金、そしてこの四国を廻れること、この上あなたは何を望むの
ですか?仏様にお願いしてはいけません。感謝すべきものです」
四国遍路の途中で鎌大師に寄り悩みや苦しみを訴える人たちへ・・。
何冊か著書があるので興味のある人はどうぞ。


一茶の道
俳人小林一茶がこの地を訪れたのは、寛政7年(1795)旧1月13日
のこと、鴻の坂からこの地を通り松山へ向かったとされる。
一茶の来遊170周年を記念して、昭和39年1月ゆかりの地に
句碑を建立し、また鴻の坂から門田邸にいたる一茶がたどったで
あろう道を「一茶の道」として、道標などの設置をした。
鎌大師-風景
鴻の坂の近くにある三好造園さんの庭から眺めた瀬戸内海国立
公園の絶景!霞がかかった瀬戸内海もまた良い!
時代は違うが、一茶も同じような景色を眺めたはず・・・。
八反地の門田邸に泊まった時に詠んだ一茶の句。
「門前や何万石の遠がすみ」

●一口メモ/エヒメアヤメイヨスミレ
エヒメアヤメ
国指定天然記念物。ここが自生地の南限と言われている。
絶滅の危険性が極めて高いとされ、地元難波地区老人クラブ
のみなさんが守っている。

イヨスミレ
明治31年松山市の梅村甚太郎氏が発見。イヨスミレと命名し
発表した。ところが山の樹木繁茂とともにその姿を消した。
しかし、昭和56年の山火事の翌年、焼け跡から再発見された。

鎌大師-3
この大師像が鎌大師へ導いてくれる。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました