admin≫

四国別格第三番 月頂山 慈眼寺 

月頂山 慈眼寺(げっちょうざん じげんじ)
●本尊/十一面観世音菩薩 ●開基/弘法大師
●真言/おん まか きゃろにきゃ そわか


穴禅定の寺
bangai-3-hondo.jpg

●宗派/高野山真言宗
●徳島県勝浦郡上勝町正木


弘法大師が延暦年間に開基した寺。本尊の十一面観世音菩薩は
弘法大師の作だと伝えられている。
bangai-3-daisido.jpg
大師が19歳の時に、人々の生活苦、病苦及び一切苦厄を除くため
この地で修業中、夢のお告げにより不思議な鍾乳洞を発見。
洞窟の邪気払いのため護摩を焚いて清め、悪魔悪竜を洞窟の壁に
封じ込め、衆生のため結縁灌丁の秘法を修し、堂宇を建てて霊場とした。
山岳修験寺として有名で洞窟での「穴禅定」が行われている。
わずか100mほどの洞窟だが導師の言われる通りにしないと
進むことはできないと言う。
bangai-3-zenkei.jpg
無事にお参りできると「無病息災で長患いをしない」とか、
「金運・開運成就」「安産・交通安全・入試等の成就ができる」
と言われている。費用は1500円で1時間前後要する。
また慈眼寺は四国霊場20番鶴林寺の奥の院でもある。

noukyou-b3.jpg 別格第三番札所の納経
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました