admin≫

四国別格第二番 東名山 童学寺 

東名山 童学寺(とうめいざん どうがくじ)
●本尊/薬師如来 開基/行基菩薩
●真言/おん ころころ せんだり まとうぎ そわか


弘法大師御学問所
bangai-2-zenkei.jpg

●宗派/真言宗善通寺派
●徳島県名西郡石井町城の内


行基菩薩が開基し、弘法大師が子供時代にこの地で学問を
習得されたことから寺号を童学寺と称する。
大師が42歳の時、再びこの地を訪れ堂宇を整え、薬師如来、
阿弥陀如来、観音菩薩、持国天、毘沙門天、歓喜天を刻み安置。
天正年間の兵火で焼失したが、元禄年間(1688~1704)に
幕府の援助により再建された。
bangai-2-daisido.jpg
納経所裏手には、大師が実際に墨をする時に使っていた水が
今でも湧いていて、お加持水として持ち帰れるように容器が
用意されている。このお加持水は諸病に効き、また書道上達の
霊水として伝えられている。
bangai-2-sanmon.jpg
「いろは」47文字を、大師が創作されたと伝えられている。

noukyou-b2.jpg 別格第二番札所の納経
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました