admin≫

淡路島七福神8 布袋尊 

淡路島七福神
布袋尊(和合の神)

●御真言/おんまいたれいやそわか
hotei-hondo.jpg
賀集山護国寺/南あわじ市賀集八幡

布袋は、その肥満体?の体から広い度量や円満な人格、また
富貴繁栄をつかさどるものと考えられ、所持している袋は「堪忍袋」
とも見なされるようになった。左右の大きな耳たぶは、他人の話を
聞き分けて、言ってはならないことは耳たぶへ貯めて大きくなったという。
このように布袋尊は、仲良く暮らせる人間の理想の姿を現したもの。

hotei-mon.jpg
布袋は唐の末期の明州に実在したといわれる仏教の僧。
常に袋を背負っていたことから「布袋」という俗称がつけられた。

hotei-nokyo.jpg 布袋尊のご染筆・宝印

●寺の縁起
行教上人が開創した由緒ある古刹。
本尊の大日如来像は、慈願に満ちたお顔で胎蔵界を表し、
千年の歴史が偲ばれる。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました