admin≫

第十六番札所 光耀山 観音寺 

光耀山 観音寺(こうようざん かんおんじ)
●本尊/千手観世音菩薩
●真言/おん ばさら たらま きりく


16観音寺-山門26
●宗派/高野山真言宗 ●開基/弘法大師
徳島県徳島市国府町観音寺49-2
十五番札所から約2km 徒歩約25分
駐車場6台(無料)境内すぐ横

香川県の観音寺の方が、市の名称にもなっていて有名だが、
十六番札所も、徳島県の観音寺である。
16観音寺(徳島)-2本堂25

聖武天皇が、国分寺、国分尼寺を創立させたのと同年の
天平13年(741)、同じく聖武天皇の勅願道場として創立。
その後、弘法大師がこの地を訪れ、等身大の千手観世音菩薩を
刻んで本尊とし、両脇侍に不動明王と毘沙門天を安置した。
これは観音菩薩の功徳と、不動明王の威力、毘沙門天の
授福にあやかるということだという。
16観音寺-大師堂26
その後、長宗我部軍の兵火によって焼失したが、
万治2年(1659)に再興され現在に至る。
本堂前にある「仏足石」は五世紀のインド・グプタ時代の
もっとも古い仏足石の模型で、仏足石を合掌した手で
体の悪い部分を触ると快癒するといわれている。

16観音寺(徳島)-神社25

本堂内に、火に包まれた女性の絵が奉納されている。これは、
実話に基づいて描かれたもので、明治時代にこの寺を訪れた
女遍路の白衣に、焚き火が燃え移り、炎に包まれたが、
周囲の人々の救出で一命をとりとめた。
この女性は、「以前仲の悪かった姑を柱に縛り、燃えている
薪で叩いて折檻した」と告白。これは大師の戒めだと反省して
この絵を奉納したのだという。

noukyou-16.jpg

十六番札所の納経

☆一口メモ/夜泣き地蔵         
16観音寺-夜泣き26
子供の夜泣きを止めてくれる地蔵尊として、困った親たちが、
お参りにくる。夜泣き封じをお願いして、夜泣きが治まると
新しい「よだれかけ」を奉納していくので、この地蔵尊には、
いつも何枚もの「よだれかけ」が掛かっているという。
子供だけでなく、夜眠れない人が、よく眠れるようにという
願いもかなえてくれるそうだ。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました