admin≫

鳴門の渦潮 

鳴門の渦潮
徳島のみなさんごめんなさい。ようやく徳島の名物・名所を
を紹介することになりました。
徳島で一番有名なものは「阿波踊り」そして「鳴門の渦潮」
uzu-2.jpg
本州と四国の間にある鳴門海峡は、幅が1.3km。
一日に2回大量の海水が瀬戸内海に流れ込み、同様に一日に2回
瀬戸内海から流れ出す。
瀬戸内海と太平洋の水位差は1.5mにも及ぶ。
海峡の幅が狭く海底の複雑な地形も影響し、潮流は13~15km/hの
速度で流れる。大潮のときには20km/hに達することもあるという。
この早い潮流と、海峡両岸に近い穏やかな流れの境目において
渦が発生する。
uzu-dan.jpg
この日は潮が悪く、大きな渦は見ることができなかったが
鳴門大橋のすぐ下で流れる潮流はダイナミックであった。
※大潮の際には渦の直径が20mにも及ぶという。

uzu-kanrinmaru-2.jpg 淡路島から出る咸臨丸

渦潮観光は鳴門と淡路島から観光船が出ている。
潮の情報を確かめてから出かけてください。
uzu-nihonmaru.jpg
写真は渦潮観光船「日本丸」と鳴門大橋。

※ここの潮流の速さは日本では一番早く、世界でも3番目、
「世界三大潮流」にも数えられることもあるらしい。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました