admin≫

淡路島七福神2 大黒天 

淡路島七福神
大黒天(裕福の神)
●御真言/おんまかぎゃらやそわか
daikoku-hondo.jpg
●蓮台山八浄寺/淡路市佐野

大黒天の持つ「ふくろ」は「福労」とも呼ばれ苦労をいとわず、
その積み重ねをためこむ「ふくろ」と言われる。
この「ふくろ」から、心身ともに裕福な人生が右手の打ち出の小槌を
振ることによってあふれ出るという。また「打ち出の小槌」は
怠け心・よこしまな心・弱い心など「邪悪な心」をうち振って
人々の迷いを晴らすという。
daikoku-mon.jpg
大黒天は、インド・ヒンドゥー教のシヴァ神と日本古来の神
大国主命の習合。大黒柱とあらわされるように、食物・財福を
つかさどる神である。

daikoku-nokyo.jpg 大黒天のご染筆・宝印

●寺の縁起
應永年間(1394~)に創建。
後、八幡神社別当寺の平松山八幡宮と合併して、八浄寺と改称。
七福神霊場の総本院。心身の裕福を授ける寺として賑う。
daikoku-daito.jpg 瑜衹七福ノ塔
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました