admin≫

宇和島城(現存12天守 その8) 

宇和島城(現存12天守 その8)
自然とともにある城
uwajima-2.jpg
宇和島城は、中世紀にあった板島丸串城の跡に、築城の名手・
籐堂高虎によって築かれた、標高約80mの丘陵に建つ平山城。
城山には約400種の草木が生い茂り、苔むした石垣や石段と
織りなす美の世界は、一見の価値がある。
(国の史跡に指定されている)

華麗さと格式を併せ持つ天守!
uwajima-tensyu3.jpg
慶長元年~6年(1596~1601)の創建時には、東側に海水を
引き込んだ水堀、西側半分が海に面した地形を巧みに生かした
ものであったが、現在は堀も海も埋め立てられている。
元和元年(1614)伊達政宗の長男、伊達秀宗が入城。
伊達家2代宗年が、寛文6年(1666)頃に3重3層の天守を再建。
万延元年(1860)・昭和35年(1960)に大修理を受けるが、
往時の姿を今なお伝える格式のある城である。
(もちろんこの天守は国の重要文化財に指定されている)

☆山里倉庫(城山郷土館)
uwajima-soko.jpg
弘化2年(1845)三の丸に建てられた武器庫で現存例の少ない
稀少な建物。昭和41年伊達家より譲渡され、城山内に移築。
現在は城山郷土館として、資料や写真などを展示している。

☆藩老桑折(こおり)氏武家長屋門
uwajima-4.jpg
城山東北側の登城口にある長屋門。家老桑折家屋敷地に
残されていたものを昭和27年譲渡を受け、現在地に移築。
市内には数少ない武家屋敷の建造物。

スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました