admin≫

薬師寺 

薬師寺(やくしじ)
1998年、古都奈良の文化財の一部として
世界遺産に登録!南都七大寺の一つ。


yakusiji-hondo.jpg
法相宗大本山 本尊/薬師如来(薬師三尊・国宝
「日本書紀」によると、天武天皇9年(680)天武天皇が、後の
持統天皇である鵜野讃良(うののさらら)皇后の病気平癒を祈願し
飛鳥の地に創建したとされる。天武天皇は寺の完成を見ずに没し、
持統天皇、文武天皇の時代に引き継がれた。文武天皇2年(698)
には寺の造営がほぼ完成したという。

和銅3年(710)の平城京遷都に際して、飛鳥から移転。
東塔(三重塔)が完成したのが天平2年(730)のことで、
そのころまで造営が続いていたと思われる。
天禄4年(973)の火災と、亨禄元年(1528)の兵火で多くの建物を
失い、現在、奈良時代の建物は東塔(国宝)を残すのみである。
その後、豊臣家が仮の金堂を建て、本格的な再建に取りかかる
予定であったが、豊臣家滅亡等の事情で400年近く仮堂であった。

20世紀半ばまでの薬師寺は仮再建の金堂、講堂がわびしく建ち、
創建当時の伽藍をしのばせるものは東塔だけであった。
1960年以降、管長であった高田好胤(たかだこういん)が中心
となって、昭和46年(1971)金堂の起工式を行い、昭和51年
4月に白鳳時代様式の金堂として再興。西塔・中門・回廊の一部・
大講堂等次々と再建された。

金堂本尊「薬師三尊像」は、「日本書紀」に「持統天皇2年(688)
薬師寺にて無遮大会(むしゃだいえ)が行われた」との記述があり、
この年までに造立されて、後に平城薬師寺に移されたという説と、
様式や鋳造技法の面から、平城移転後の新造とする説もあり、
現在でも決着はついていない。

スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました