admin≫

東寺(教王護国寺) その2 

東寺(教王護国寺) その2
「身は高野、心は東寺におさめをく」
東寺の伽藍は南大門を入って金堂講堂、少し隔てて食堂が
一直線におかれ、左右に五重塔と灌頂院が配置されている。
塀で区画された境内は、そのままマンダラであり浄土であるという。

touji-kondo1.jpg
金堂(国宝)は東寺の中心堂宇で、諸堂宇の中で最も早く建設が
始められ、空海に下賜された弘仁14年(823)までには完成して
いたといわれる。当初の堂は文明18年(1486)の土一揆で焼失。
現在の建物は慶長8年(1603)年豊臣秀頼の寄進によって
再建されたもの。天竺様の構造法を用いた豪放雄大な気風の
みなぎる桃山時代の代表的建築。また、細部には唐・和風の
技術も巧みにとり入れられている。
内部には、本尊の薬師如来坐像と日光・月光菩薩の両脇侍像が
安置されている。中尊の光背上には七仏薬師像を配し、台座の
周囲には十二神将像が配される。台座と光背を含めた総高は
10mに達する巨像で、桃山時代の仏師康正の作で密教的な
薬師信仰の形をとどめている。(重要文化財)

touji-kodo.jpg
講堂(重要文化財)は創建当時にはなく天長2年(825)に空海により
着工。承和2年(835)頃完成したが、文明18年(1486)の土一揆
による火災で焼失。室町時代の延徳3年(1491)に再建されたのが
現在の建物で、様式も純和様で優美な姿を保っている。
堂内の白亜の壇上には大日如来を中心とした五智如来をはじめ、
五菩薩、五大明王、四天王、梵天、帝釈天の21体の仏像が
安置されている。これは弘法大師の教えを表現する「立体曼陀羅」
を構成している。21体の仏像のうち、五仏(重要文化財)と
五大菩薩の中尊像の6体は、室町時代から江戸時代の補作だが
残りの15体は、平安時代前期を代表する密教彫像として、
国宝に指定されている。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました