admin≫

東寺(教王護国寺) 

東寺(教王護国寺)
唯一残る平安京の遺構!
touji-gojyunoto4.jpg
東寺真言宗総本山。本尊は薬師如来。
延暦13年(794)平安遷都にともない、桓武天皇は、新都鎮護のため
都の南、平安京の正面に当たる羅城門の東西に大寺院を建立し、
東寺」「西寺」と呼んだ。(ちなみに西寺は」廃絶して今はない。)
☆現在の京都は御所をはじめとして、大部分が東方にずれて
しまっているが、東寺は元の場所にそのまま残っている。

touji-nandaimon-2.jpg
法人名としては「教王護国寺」が正式ではあるが、東寺という名称も
通称・俗称ではなく創建当時から使われてきた歴史的名称である。
南大門の石柱には「真言宗総本山 東寺」とあり、各門に掲げられた
提灯にも「東寺」とある。寺側でも通常は「東寺」の呼称を使用している。

寺伝によると延暦15年(796)に建立されたとある。
それから20数年後の弘仁14年(823)、弘法大師空海は嵯峨天皇より
東寺を賜った。この時から東寺は国家鎮護の寺院であるとともに、
真言密教の根本道場となった。
以来、後白河法皇、源頼朝、織田、豊臣、徳川の各氏らの外護を
受けてきたが、落雷や兵火によって創建当時の建物は残っていない。

touji-3.jpg
列車が京都に着く直前に、車窓から壮大な五重塔が見えてくる。
京都に着いたことを教えてくれているかのようだが、この五重塔こそ、
京都のシンボルといわれる東寺の五重塔なのである。
touji-gojyunoto2.jpg (国宝五重塔
高さ54.8m。木造塔としては日本一の高さを誇る。
雷火や不審火で4回焼失しており、現在の5代目の塔は、寛永21年
(1644)徳川家光の寄進で建てられたもの。
心柱を大日如来とみなしており、これを中心にして金剛界四仏像と
八大菩薩像を安置する。江戸時代初期の作風。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました