admin≫

さをり織り(さき織り) 

さをり織り(さき織り)1
saori-3.jpg
さき織りは、古い布の再生法として明治以前から織られていた。
古い着物等の布を手で細く裂いて横糸に使って織りあげる。

saori-4.jpg
布の色の不規則な模様が、素朴で独自の風合いを醸し出す。
また、二つとして同じ模様がなく、オリジナルの織りができるのも特徴。
「古い布を大切にする」というリサイクル社会にもマッチしている。

趣味でさき織りを始め、今ではいろいろな作品を作っている人もいる。
「ポーチ」「バッグ」「エプロン」等使い道はいろいろ。
(ただ、バッグなど縫製が難しいものはプロにお願いしているらしい)
saori-1.jpg

「同じものができないし、織って行くたびに新しい模様あらわれて楽しい。
また、それをバッグなどに利用するとき、模様を生かすために
どんなデザインにするか?とかを考えるのも楽しい!自分で作ったものを
身につけたり持って歩けるし、古い布等もリサイクルできるので・・・」
saori-2.jpg
興味のある人はどうぞ!



スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました