admin≫

最上稲荷 

最上稲荷(さいじょういなり)
伏見・豊川と並ぶ日本三大稲荷の一つとして
民衆の崇敬を集めている。
正式には「最上稲荷教総本山妙教寺」
所在地が、岡山市高松地区であることから
「高松稲荷」と呼ばれることもある。
saijyo-hondo.jpg
天平勝宝4年(752)に孝謙天皇の病気平癒の勅命を受けて、
報恩大師が吉備山中の八畳岩で修法し、
本尊の「最上位経王大菩薩」を感得されたことに始まる。
(天皇は全快した)
また、桓武天皇の病気平癒祈願の功徳により、寺院建立の
寄進申し出があり、大師がそのための霊地を求めていた時、
最上位経王大菩薩より「備中国、龍王山麓に堂宇を定むるべし」との
お告げがあり、天皇にこのことを進言。
天皇はその祈願所として龍王山神宮寺を寄進創建したという。
これが現在の「妙教寺」である。
saijyo-hondo-yuki.jpg
(雪の最上稲荷本殿)

「龍王山神宮寺」として繁栄を極めたものの、中世の戦乱時
羽柴(豊臣)秀吉の備中高松城水攻めの際、戦火によって
堂宇を焼失。ただ、本尊だけは八畳岩の下の元宮と呼ばれる
場所に安置され難を免れたという。
江戸時代初期の慶長6年(1601)この地を治めた花房公が
関東より日円聖人招き「稲荷山妙教寺」として再興した。
このときに天台宗から日蓮宗へ改宗した。
岡山県内で唯一、明治時代の廃仏毀釈を免れたところと
いわれ、日蓮宗系「神仏習合」の祭祀形態を現在も残す。
saijyo-ootorii.jpg
(最上稲荷の大鳥居。ここから本殿までは遠い)

寛保元年(1741)に建立された旧本殿(震応殿)の最奥部は
岡山市の重要文化財に指定されている。
現在の本殿(震光殿)は昭和54年に建造された。
saijyo-kyuhondo.jpg
(旧本殿)

最上稲荷のご本尊「最上位経王大菩薩」は、五穀豊穣・商売繁盛・
開運等たくさんの福徳をそなえ、その威神力をもって、人々を、
苦しみ悩みから救い、様々なご利益をもたらす神様として
信仰を集めている。初詣シーズンには岡山県下最大の参拝者
(約60万人)でにぎわう。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました