admin≫

第九番札所 正覚山 法輪寺 

正覚山 法輪寺(しょうかくざん ほうりんじ)
●本尊/涅槃釈迦如来
●真言/のうまく さんまんだ ぼだなん ばく


9法輪寺-山門26
●宗派/高野山真言宗 ●開基/弘法大師
徳島県阿波市土成町土成字田中198-2
八番札所より約2.5km 徒歩約40分
駐車場10台(無料)境内横

弘法大師により、現在地より3kmほど離れた谷間の地で
創建された。
以来寺は壮大な伽藍を誇っていたが、この地を襲った
長宗我部軍の兵乱の激戦区にあたり、境内は兵火により
すべて焼失。正保年間(1644~1648)に現在地で
「正覚山法輪寺」と名を改め再興。
9法輪寺-本堂26
本堂には、八十八ヵ所唯一と言われる珍しい寝姿の
釈迦如来像が祀られている。
この弘法大師の作といわれる「涅槃釈迦如来」は、釈迦が
クシナガラ沙羅双樹の下で入滅(亡くなられる)した際に、北枕
に顔は西向き、右脇を下にして寝ている姿を表わしている。
この寝相は「賢者の寝相」とも呼ばれ、安静を保つには最良
の形だとか・・・。その傍らには弟子たちや動物たちの嘆き
悲しむ像が置かれている。
残念ながら御開帳は5年に1度となっている。
9法輪寺-鐘楼26
他にも、三国伝導(インド・中国・日本)の仏とされている
薬師如来、釈迦如来、阿弥陀如来の三如来が祀られている。
9法輪寺-大師堂26
この大師堂の中には珍しい「大師御衣」が収められている。
明治天皇から提げ渡されたもので、一般公開はしていない。

noukyou-9.jpg

九番札所の納経

☆一口メモ/草鞋
9法輪寺 -足26
昔、杖なしで歩けない人が参拝に来た時のこと、参道の
真ん中で足が軽くなり、杖なしでも歩けついには完治した。
このため、現在でもたくさんの草鞋が奉納されている。
また、健脚祈願の願をかけた草鞋も売られている。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました