admin≫

道後温泉1 

道後温泉1
日本最古の温泉として有名。
道後温泉本館は明治27年に建てられた木造三層楼の建物で
当時でも大変珍しい建築様式だった。
完成の翌年に松山中学へ赴任してきた文豪・夏目漱石の小説
「坊ちゃん」にも登場する。
平成6年国の重要文化財に指定された貴重な建物。
dogo-honkan2.jpg

百十年以上も前に建てられた本館には「神の湯」と
「霊の湯(たまのゆ)」があり、コースによっては、浴衣や
お茶のサービスや、大広間や個室での休憩などもある。
旅館の浴場ももちろん温泉だが、散歩がてら旅館の浴衣を着て
ぶらりと立ち寄ってみてはいかが?
昔ながらの佇まいと、旅情あふれる道後温泉本館は魅力的。
※余談だがこの本館は「千と千尋の神隠し」のモデルになった建物。

●神の湯階下(大人400円・子供150円)
道後温泉を楽しむリーズナブルなコース
広々とした「神の湯」は銭湯感覚で利用する地元の人も多い。
毎朝6時の太鼓を合図に開館する道後温泉本館の「刻太鼓」は
道後の朝の名物になっていて、「残したい日本の音風景百選」
にも選定されている。この一番風呂を目当てに訪れる人も多い。

●神の湯二階席(大人800円・子供400円)
神の湯入浴と二階の大広間での休憩ができるコース。
55畳の大広間で浴衣に着替えて階下の神の湯へ・・・
湯上りは、大広間でリラックス。道後の町並みを眺めながら
サービスのお茶とお煎餅をどうぞ。

●霊の湯(たまのゆ)二階席(大人1200円・子供600円)
神の湯に比べるとこじんまりとしている。シンプルだが
落ち着きのある浴室は、プライベート感覚で利用できる。
静かに温泉を楽しみたい方におすすめ。
浴衣・タオルなどの入浴セットが用意されている。
また湯上りには、お茶とお煎餅のおもてなしがある。
少人数でくつろげる広間は、グループや家族連れで利用したい。

●霊の湯(たまのゆ)三階個室(大人1500円・子供750円)
のんびり道後温泉を楽しみたいなら、三階個室での休憩と
霊の湯(たまのゆ)入浴、そして又新殿(ゆうしんでん)の観覧が
セットになった霊の湯(たまのゆ)三階個室を・・・。
部屋に用意された浴衣に着替えて霊の湯へ。
湯上りは三階からの景色を眺めながら、お茶と坊ちゃん団子で一服。
落ち着いた雰囲気が、心をなごませてくれる。

●又新殿(ゆうしんでん)
道後温泉にしかないという皇室専用の浴室。
ガイドつきで大人250円。(約15分)
もちろん見るだけ、入ることはできません。
三階には夏目漱石ゆかりの部屋「坊ちゃんの間」
二階には、著名人の来訪帳や由緒ある器物などの展示もある。

dogo-haikei.jpg




スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました