admin≫

はりまや橋 

はりまや橋
土佐(高知)といえば、鰹のたたき、鯨、桂浜、よさこい祭り
もっと有名なものを忘れていますよ。
「坊さんかんざし買うを見た」とよさこい節に歌われた「はりまや橋
kouti-harimayahasi1.jpg

江戸期に、堀で隔たれていた豪商「播磨屋」と富商「柩屋(ひつや)」が
お互いの往来のためにかけた私橋が、後に「はりまや橋」と
呼ばれるようになったという。では何故こんなに有名になったのか?
昭和33年南国博覧会のために電車通りに朱塗りの欄干が登場。
翌年「南国土佐を後にして」の歌が大ヒット!同名の映画にもなり
全国に「はりまや橋」の名が有名になった。
訪れてみると川も無く赤い欄干のみ・・・「日本三大がっかり?」
の一つになっていた。が、平成5年「はりまや橋公園」として
整備され、小さい木造の橋と「純信・お馬」の像があらたな
観光の名所となっている。

※かんざしを買ったという、僧・純信は三十一番札所竹林寺の
脇坊である南の坊に住む修行僧だったとか・・・。
kouti-harimayahasi2.jpg

道路沿いの赤い欄干も今は無くなっている。
日曜市の会場からも、JR高知駅からも近い。
はりまや橋と道を挟んだビルの壁にかかる「からくり時計」も
一見の価値がある。
kouti-karakuri.jpg
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました