admin≫

四国別格二十霊場(1) 

お大師様の道
bangai-10-hasi.jpg

四国別格二十霊場
弘法大師(空海)は八十八ヵ所の札所以外にも数多くの
足跡を残されていて、番外霊場として信仰を集めてきた。
そのうちの二十ヵ寺が集まって別格霊場を創設したもの。
八十八ヵ所に別格霊場を加えると「百八」となり、
「百八煩悩消滅お大師様の道」として、八十八ヵ所に
準じる霊場として参拝されてきた。
豊かな四国の自然環境の中、大師とともに「万能消滅の旅」に出かけ、
心を癒し豊かな人生を送る糧に・・・。


●第一番 大師中興遺跡大山寺(たいさんじ)
bangai-1-hondo.jpg

●本尊/千手観世音菩薩
●宗派/真言宗醍醐派 ●開基/西範僧都、(中興)弘法大師
●徳島県板野郡上板町大山
西暦500年頃の開基、阿波仏法最初の道場。
弘法大師が阿波入国の時、堂塔を整えられ恵果和尚より授かったという
千手観世音菩薩を安置した。四国霊場開創の根拠地とされる。


●第二番 弘法大師御学問所童学寺(どうがくじ)
bangai-2-hondo1.jpg

●本尊/薬師如来
●宗派/真言宗善通寺派 ●開基/行基菩薩
●徳島県名西郡石井町城の内
弘法大師が子供時代を過ごした場所。
学業成就や開運厄除けに霊験あらたか。
大師が実際に墨をする時に使っていた水が今でも湧いていて
このお加持水を持ち帰ることができるように容器が用意されている。


●第三番 穴禅定の寺慈眼寺(じげんじ)
bangai-3-hondo.jpg

●本尊/十一面観世音菩薩
●宗派/高野山真言宗 ●開基/弘法大師
●徳島県勝浦郡上勝町正木
有名な穴禅定の寺。四国霊場二十番札所鶴林寺の奥の院でもある。
大師が19歳の時この地で修行中、夢のお告げにより
不思議な鍾乳洞を発見。洞窟の邪気払いのため護摩をたいて清め、
悪魔悪竜を洞窟の壁に封じ込め、衆生のため結縁潅丁の秘法を
修したとされ、崇信者が多い。僅か100mほどの洞窟だが、
導師の言われる通りしないと進むことはできない。
ちなみに筆者は入れない(体重90kg)あしからず。


●第四番 大師修法の旧跡鯖大師本坊(さばだいしほんぼう)
bangai-4-honndo.jpg

●本尊/弘法大師
●宗派/高野山真言宗 ●開基/行基菩薩
●徳島県海部郡海陽町浅川
その昔、弘法大師をののしった馬子の馬が病気になり
積荷の塩鯖を差し出して、大師に治してくれるよう頼んだという。
その塩鯖を大師が海に放つと生き返って泳いだという伝説から
鯖を3年絶って祈願すると願い事がかなうといわれている。
交通安全の守り神「馬頭観世音菩薩」も安置されている。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました