admin≫

民衆仏教の幕開け 

民衆仏教の幕開け!
延暦13年(794)桓武天皇は、腐敗した仏教界に毒された
律令体制の立て直しをはかり、都を平安京に遷都。
平城京遷都では、有力寺院も新都に移されたが、
平安京に移る時は奈良に残してきた。
bangai-5-daisizo.jpg

戦乱・天災・疫病等で世は乱れ、民衆は末法の世におびえ
南都(奈良)仏教に替わる新しい仏教が切望されていた。
そんな時に登場したのが、唐から帰ってきた二人の留学僧
最澄と空海(弘法大師)だった。
最澄の開いた天台宗と、空海が開いた真言宗は、
ともに鎮護国家の仏教としての役割を果たすとともに、
得度・受戒の権限を国家から取り戻し、民衆救済の
実践仏教の基盤となる。
それは現代につながる日本の仏教の源となっている。

(浄土真宗本願寺派総本山 西本願寺)
nisihonganji.jpg

鎌倉時代になると、法然の浄土宗(念仏による往生を説く)
栄西の臨済宗・道元の曹洞宗(宋から禅を伝える)
法然の弟子・親鸞の浄土真宗(本願念仏による往生を説く)
そして日蓮の日蓮宗(唱題目による永遠の救いを説く)などの
仏教宗派が成立した。
平安時代までの国家や貴族中心の「旧仏教」に対し、
「鎌倉新仏教」は、万民を救済の対象としており、
念仏・禅・題目と、その教えは分かりやすく、また誰にでも
できることから、民衆の心をつかんでいった。
また、開祖がいずれも比叡山で修行し、そこから離脱して
新しい教えを創立したという共通点を持つ。
とはいえ、鎌倉新仏教の基礎は、最澄そして空海(弘法大師)が
築いたものといえよう。

※末法とは?
  釈迦の死後を正法・像法・末法の三つの時代に分ける。
  釈迦の教えが正しく行われている時代が正法、
  やがて形だけの像法の時代になり、末法になると
  仏道修行をしても効果が無いとされる。
  最澄は永承7年(1052)に末法に入ると説き、戦乱や
  災害が続く毎日に、民衆も危機感を抱いていた。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました