admin≫

第七番札所 光明山 十楽寺 

光明山 十楽寺(こうみょうざん じゅうらくじ)
●本尊/阿弥陀如来
●真言/おん あみりた ていぜい からうん


7十楽寺-山門26
●宗派/高野山真言宗 ●開基/弘法大師
徳島県阿波市高尾字法教田58
六番札所より約1km 徒歩約16分
駐車場30台(無料)山門横

お遍路を迎える中国風の鐘楼門は、上層が朱塗り、
下層が漆喰になった造りで、白と朱のコントラストが美しく、
寺のシンボルとなっている。
7十楽寺-鐘楼門26
現在地より3km余り奥に堂ヶ原という場所があり、この地を
訪れた弘法大師が阿弥陀如来を感得し、樟で本尊を刻み
開基したという。
7十楽寺-本堂26
弘法大師が本尊を刻み開いた際、山号・寺名を命名するに
あたり、「生・老・病・死・愛別離苦(愛する者といずれ別れ
なければならない苦しみ)・求不得苦(求めるものが得られ
ない苦しみ)など、人間が持つ八つの苦しみを阿弥陀如来の
慈悲によって克服し十の光明に輝く楽しみを得られるように」
という願いを込めて命名したという。
7十楽寺-大師堂26
その後天正年間(1573~1592)の兵火により焼失。
寺は江戸時代に入って現在地へ移された。その後再建などが
繰り返されたが、本尊は住職が守り難を逃れたという。
7十楽寺-庭26


noukyou-7.jpg

七番札所の納経

☆一口メモ/地蔵尊
7十楽寺-目26
心の苦悩からの解放という意味が込められている山号通り、
人々に光明をもたらしてくれると言われているのが、本堂の
左手にある地蔵尊。
昔から、眼病や盲目に霊験があるといわれている。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました