admin≫

弘法大師って? その1 

空海(弘法大師)ってどんな人?
bangai-6-daisizo.jpg

 (四国別格霊場 第六番龍光院の大師像)

今なお人々から「お大師さん」と呼ばれ、
高野山奥の院や四国霊場に参拝する人が絶えない、
空海(弘法大師)の人生を調べてみた。

宝亀5年(774)6月15日、讃岐の国(香川県)
屏風が浦(びょうぶがうら)に誕生。
幼名は真魚(まお)という。
幼い頃から秀才の誉れ高く、
15歳で母方の伯父である阿刀大足(あとのおおたり)
に従って都(奈良)にのぼり、18歳で大学に入学。
しかし、大学で学ぶ儒教に自分の求めるものでは無いと思い
大学を中退し仏門に入ることを決意。
一修行僧から「虚空蔵求聞持法」(こくうぞうぐもんじほう)を
学び、各地の山野で修行する。
室戸岬にある洞窟(御蔵洞)で修行をしていたとき
口に明星が飛び込んできて悟りをひらく。
そのとき目にしていたものは、海と空だけであったという。
以後「空海」と名乗るようになった。
数年にわたる厳しい修業の後、大和の国の久米寺で
密教の根本経典のひとつ「大日経」七巻を発見。
三教指帰(さんごうしいき)を書き、儒教、道教、仏教の中で
仏教が最高の教えであると説き仏道に入る。
これ以後7年間の消息は不明である。
bangai-9-daisizo1.jpg

 (四国別格霊場 第九番文殊院の大師像)

延暦23年(804)7月遣唐使として肥前(長崎県)田の浦港を出航。
船は嵐で流され、長安の都に入ったのは12月のことであった。
この時、最澄も別の船で入唐している。
唐でサンスクリット語を学んでから青竜寺に入り
密教第七祖恵果より密教の正当な後継者として
1000人を超える弟子の中から選ばれ、密教の全てを伝授される。
その時、恵果より「遍照金剛」の名をいただく。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました