admin≫

第八十一番札所 綾松山 白峯寺 

綾松山 白峯寺(りょうしょうざん しろみねじ)
●本尊/千手観世音菩薩
●真言/おん ばさら たらま きりく


81白峯寺-山門26
●宗派/真言宗御室派 ●開基/弘法大師
香川県坂出市青海町2635
八十番札所から約14km 徒歩約3時間
駐車場(100台)山門前と参道入り口

五つの山に色の名がついた五色台の一峰、
標高337mの白峰山に建つ。
石像や四季の花々が、お遍路さんを門前まで導く。
81白峯寺-紫陽花26
七つの棟がある珍しい七棟門(国の重要文化財)をくぐり境内へ
崇徳上皇の御廟所「頓証寺殿(とんしょうじでん)」を右に曲がると
94段の石段があり上った正面に本堂。左右に阿弥陀堂と大師堂が
並ぶ。
81白峯寺-本堂26
本尊の千手観音は人々を災難から救う「身代わり観音」として
信仰を集めている。
81白峯寺-大師堂26
弘仁6年(815)、弘法大師が宝珠を埋めて霊場と定め、のちに、
智証大師が、白髪の老翁からここは聖地だと告げられる。
そこで、瀬戸内海を漂っていた霊木で千手観世音菩薩を刻み、
本尊として安置したという。(老翁は相模坊大権現と言われている)
81白峯寺-護摩堂26
保元の乱により讃岐に配流された崇徳上皇は、約8年の幽閉の後
長寛2年(1164)崩御。白峰御陵に葬られたが、以後、都に
たびたび変事が続くので、朝廷はこの寺に上皇の霊をまつる
御廟所「頓証寺殿」を建立したという。
81白峯寺-西行26
崇徳上皇崩御の3年後、西行法師が御廟に詣で、上皇の御霊と
歌を詠み交わしたという伝説もある。

noukyou-81.jpg

八十一番札所の納経

☆一口メモ/頓証寺殿(とんしょうじでん)
81白峯寺-崇徳上皇26
崇徳上皇の御廟所。中央に上皇宸筆の六字名号。
向かって右に上皇の念持仏十一面観音。
左に、鎮護の相模坊大権現をまつる。

白峯御陵
81白峯寺-2崇徳上皇25
第75代天皇崇徳上皇の御陵。
頓証寺殿脇の参道を進むと、杉の古木に囲まれた御陵がある。
46歳で崩御した上皇は、遺言どおり白峰で荼毘に付され、
ここに葬られた。
歴代天皇の御陵でこのような地方にあるのは、淳仁帝の淡路陵、
安徳帝の下関阿弥陀寺陵とここだけだそうだ。

スポンサーサイト

第八十番札所 白牛山 国分寺  

白牛山 国分寺(はくぎゅうざん こくぶんじ)
●本尊/十一面観世音菩薩
●真言/おん ばさら たらま きりく


80国分寺-山門26
●宗派/真言宗御室派 ●開基/行基
香川県高松市国分寺町国分2065
七十九番札所から約7km 徒歩約2時間
駐車場20台(無料)山門前

天平13年(741)に聖武天皇の勅願により全国に建立された
国分寺の一つで、讃岐の国分寺の完成は天平勝宝8年(756)
以前とされる。本尊の十一面観世音菩薩は行基作と伝えられる。
80国分寺-本堂26
弘仁年間(810~824)に弘法大師が本尊を修復し、堂塔を増築し
札所に定めたといわれる。
80国分寺-大師堂26
今も境内に残る金堂や塔跡の巨大な礎石からも、その当時の
大伽藍の規模がうかがえる。
80国分寺-弘法大師26
その後、天正年間に兵火にかかり、本堂と鐘楼を残して伽藍を焼失。
慶長年間に、讃岐国守によって再建。
鎌倉時代に再建された入母屋造りの大きな本堂と、60年に一度
開帳されるケヤキの一本造りの本尊、奈良時代に鋳造された梵鐘が、
国の重要文化財に指定されている。
80国分寺-弁天26
参道両端には四国霊場八十八ヵ所の本尊の石仏が並び、境内には
縁結社や地蔵堂、閻魔堂等のさまざまなお堂や社が点在している。
80国分寺-縁結び26
また境内には、たくさんの松が植えられており、
見事な枝ぶりで、お遍路さんの心をなごませてくれる。
80国分寺-松26


noukyou-80.jpg

八十番札所の納経

★一口メモ/金堂跡礎石        
80国分寺-礎石26
本堂前に点在する、旧金堂の跡。
33個がほぼ原位置で残っている。これをもとに建物を復元すると、
東西28m南北14mもの建物になるという。
また、塔跡の礎石は15個あり、これから高さ28m一辺10mの
七重の塔が復元できるという。どちらも国指定史跡となっている。

梵 鐘
fudasyo-80-kane-nnn.jpg
創建当時に鋳造された銅鐘は四国最古級といわれ
国の重要文化財に指定されている。
百々渕にいた大蛇がかぶっていたものを、弓の名人が退治し、
寺に寄進したという伝説。
また、生駒一正が高松城に持ち帰ったが、鐘は鳴らず、
悪病が流行。毎夜、鐘が夢に現れ、「いぬ(帰る)、いぬ」と
言うので、慌てて返したという伝説も残っている。

第七十九番札所 金華山 天皇寺 

金華山 天皇寺(きんかざん てんのうじ)
●本尊/十一面観世音菩薩
●真言/おん まか きゃろにきゃ そわか


79天皇寺-入り口26
●宗派/真言宗御室派 ●開基/弘法大師
香川県坂出市西庄町字八十場1713-2
七十八番札所から約7km 徒歩約2時間
駐車場5台(無料)

奈良時代に、行基がこの地に仏教の堂を建立したのが始まりと
寺伝にある。その後、この御堂を敬拝した弘法大師が、
近くにある「八十場(やそば)の泉」で霊気を感じ、十一面観音を
刻んで本尊とし,堂宇を中興した。
当時は妙成就寺摩尼珠院(みょうじょうじゅじまにしゅいん)と号していた。
79天皇寺-本堂26
鳥居の右に白峰宮の標識、その右に天皇寺と刻まれた石碑がある。
保元の乱(1156)で讃岐に配流された崇徳天皇は
都への帰還叶わず讃岐の地で崩御。
棺がこの寺に安置されたことから、二条天皇が崇徳天皇社を建立。
寺は崇徳天皇社の別当となり、天皇寺と改名した。
79天皇寺-大師堂26
明治時代の神仏分離により崇徳天皇社と天皇寺は二分。
現在崇徳天皇社は白峰宮となっている。
79天皇寺-神社26
※かつて天皇寺は「高照院(こうしょういん)」の院号で知られていた。
慶応4年(1868)の神仏分離令によって、この寺は廃寺となり、
札所は末寺筆頭の高照院に引き継がれた。このため地元では
「高照院」と呼ばれるようになった。

noukyou-79.jpg

七十九番札所の納経

☆一口メモ/三輪鳥居
79天皇寺-鳥居26
白峰宮と天皇寺がある境内への入り口にある朱塗りの鳥居は、
中央の大鳥居の左右に小さな脇鳥居がついた「三輪鳥居」と
言われる独特の形で全国でも数ヵ所しかない。
79天皇寺-崇徳天皇25
てっぺんの笠木の上に瓦を積んだ造りで、中央の額束には
「崇徳天皇」と記されている。

八十場の泉
「弥蘇場の泉」とも書く。
天皇寺から50mほど西にあり、七十九番元札所。
景行天皇の時代、悪魚の毒にあたった88人の
兵士の命を救ったという伝説がある。




第七十八番札所 仏光山 郷照寺 

仏光山 郷照寺(ぶっこうざん ごうしょうじ)
●本尊/阿弥陀如来
●真言/おん あみりた ていせい からうん


78郷照寺-山門26
●宗派/時宗 ●開基/行基
香川県綾歌郡宇多津町1435
七十七番札所から約7km 徒歩約2時間
駐車場100台(無料)境内すぐ下

縁起では、神亀2年(725)行基により開基。行基は阿弥陀如来像を
刻んで安置し、道場寺と称したとある。
78郷照寺-本堂26
その後、大同2年(807)唐より帰国した弘法大師が、42歳の時
阿弥陀如来の霊瑞を観じ、真言密教の霊地と定め自作の尊像を
刻み安置し。厄除けの誓願をして、荒廃していた伽藍を改築し、
四国霊場に定めたという。
78郷照寺-大師堂26
今日でも「厄除け・うたづ大師」として厚い信仰を集めている。
78郷照寺-庭25
本堂は、江戸初期に再興されたもので、奈良の寺院によく見られる
奈良様式の屋根は、四国霊場では珍しい。
78郷照寺-2大師堂26
四国霊場なのになぜ真言宗ではなくて時宗なのか?
当時は真言宗で「道場寺」と称していたが、時宗の開祖
一遍上人により中興。その後兵火により焼失。寛文年間に
高松藩主により再興。その時に一遍上人をしのんで時宗に改め
七十七番道隆寺とまぎらわしいので、「郷照寺」と改めたという。
四国霊場で唯一、真言・念仏二教の法門が伝わる。



noukyou-78.jpg

七十八番札所の納経

☆一口メモ/庚申堂・さぬきの三大ポックリさま
78郷照寺-青面金剛26
本堂近くの庚申堂には、青面金剛(しょうめんこんごう)が
3匹の猿を従えて安置されている。
青面金剛は病気平癒に御利益があるといわれている。
78郷照寺-ポックリ26
庚申堂の左には病気平癒の「撫で仏さま」「さぬきの三大ポックリさま」
とされる石仏も坐している。眠っているような優しいお顔に癒される。

瀬戸大橋を望む
fudasyo-78-hasi-nnn.jpg
境内から「南備讃瀬戸大橋」がよく見え天気のいい日には
瀬戸内海国立公園の島々の眺望が素晴らしい。
        


(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

にこちゃん太王

Author:にこちゃん太王
誰でも行ける!
四国八十八ヵ所霊場巡礼
凸凹カルテットで回りました